Welcome Guest 

山行記録 - 八ヶ岳 南沢大滝

八ヶ岳 南沢大滝

カテゴリ : 
アイスクライミング
執筆 : 
iceclimber_msc 2020-2-3 15:12
日程:2020年1月19日(日)
山域:八ヶ岳 南沢大滝 
山行形態:自主山行 アイスクライミング
メンバー及び役割:H(CL・装備)、A(SL・記録)

前夜、道の駅こぶちさわに22:00集合し、A邸にてビバーク。翌朝5:00起床、6:00出発、美濃戸口でチェーンを装着し、7:00美濃戸着。計画では美濃戸口から歩く予定だったが、Hさんの車で美濃戸まで入ることができたので、1時間ほど時間を稼ぐことができた。7:30歩き出す。8:40南沢大滝への分岐、小滝には2張りテントが張られていた。小滝は一部しか凍結しておらず、登れる状態ではなかった。9:00大滝到着。大滝には既に3パーティが入っていた。結局この日我々を入れて6パーティが訪れていたため、待ち時間やルート取りに苦労した。滝は落ち口まで繋がっていたが、中央部分のみで、両脇はすべて凍結していなかった。中段までは緩い傾斜だが、その上から急になっていたが、やや階段状になっていた。午前中は、大滝の中段にトップロープを張り、3-4本登った。お昼休憩を挟み、午後は、Hさんのリードで中央部分を上まで登った。登り甲斐のある1本だった。15:00撤収、15:30下山開始、16:30には駐車場に戻っていた。
今回は、丸くなったアックスの刃を新調し、久しぶりに尖った刃で氷にのぞんだ。今回、Hさんからは手厚いマンツーマンのご指導をいただいた。事前のYouTubeでのアイスクライミング動画の視聴から、当日のトップロープによる連続登攀など、厳しい特訓があったことは言うまでもない。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.msc-jp.net/modules/d3blog/tb.php/1560
Copyright 2001-2014 msc-jp. All rights reserved.