Welcome Guest 

山行記録 - 飯豊山

飯豊山

カテゴリ : 
縦走
執筆 : 
iceclimber_msc 2021-8-6 10:20
山行報告書
日程:2021年8月6日(金)〜8月7日(土)
山域:飯豊山
山行形態:登山
メンバー及び役割:F(CL)・O(記録)

もともと電車バスを利用した2泊3日の縦走を計画していたが、熱帯低気圧が台風になる見込みの不穏な天気予報で急遽予定を変更。1泊2日の行程に短縮し飯豊山に向かった。
大日杉登山口には5:30着。晴れ。車4〜5台。この時期の飯豊はアブが多いようで恐れていたが、悪い想像ばかりしていたため、想像ほどではなくサイズも小さく感じた。大日杉小屋は人気(ひとけ)なし。トイレ1基あり。朝から一杯やっていてご機嫌な釣り人グループに見送られて6時過ぎスタート。暑い。アブよりブヨが気になり顔にまつわりついてくるので、最初の1時間程度は防虫ネットを被った。その後標高があがってくると少なくなり、一般的な夏山登山程度(の虫の量)になった。
地蔵岳までは樹林帯の上り。地蔵岳から切合小屋は尾根の左側についた片斜のトラバース道で、歩きづらいのと日差しが暑いのとで捗らない。時折尾根上に見える切合小屋があまりに遠く、気も遠くなりそうだった。途中からダケカンバの木立が現れて癒される。かなり暑いので熱中症にならないように休憩を多めに取りながら進んだ。
切合小屋で大休止し水を補給した。主稜線に乗って景色が良くなったのと、気温が多少下がったので楽になる。草履塚までと本山小屋まで、2つの登りをこなすと12時半頃テン場に到着する。テン場には先着した人のツェルトが1張という状態。空いていた。最終的には6〜7張位になった。テン場は小屋までやや距離があるが、水場が近く量も十分だった。
テントを張ってから、山頂へ。ガスは出ておらず天気がとても良くて、景色は抜群だった。本山小屋に戻ってビールを購入。350ml缶が1000円という今までで一番高価な缶ビールだったが、小屋番さんが命がけ?で雪渓まで行って取ってきてくれているという氷で良く冷えており、大変美味しかった。小屋番さんの話によると、ヘリ会社が減っていること、近隣の都市ではなく東京から運んできているため輸送費が大変高騰している(本当はもっと値上げしたい位)とのことだった。
15時頃、テントに戻る。暫くは日差しが暑くテントに入れない位だったが、18時頃からガスが出て風が強くなってきた。雨には降られなかったが、夜の間はかなり風が強くなった。風は尾根の西側(小屋からテン場を眺めた場合右側)から流れるようで、今回はFさんの判断で東側に張って正解だった。

翌朝は4時起床。晴れ。風は止んでいた。山頂まで行ってご来光を眺める。この時期は太陽が蔵王山の辺りから登る。蔵王山は車でほぼ山頂まで行けてしまうが、遠くから眺めると、大きくて存在感がある。他にも、朝日連峰、鳥海山、月山、磐梯山、西吾妻、安達太良山などが山座同定できた。
テントを撤収して下山開始は6:30頃。10:30地蔵岳、12:30大日杉登山口。最後の30分は防虫ネットを被り下山。ブヨを山から連れて降りてきてしまったのか、往路よりもアブとブヨが周囲にいて駐車場に到着しても防虫ネットが脱げない。荷解きをせずにすぐに車に乗り込んで、慌ただしく余韻なく登山口を離れた。用心のおかげか、虫刺されは計3か所で済み、刺されやすい自分としてはかなり少なく済んだ。
その後は飯豊の湯でお風呂に入り、喜多方で喜多方ラーメンの遅い昼食をとって帰路についた。2日間とも好天で夕立もなく、大変天気に恵まれた山行となった。

【その他報告】
下山メールでイイデリンドウだと思って添付した写真は、ミヤマリンドウだったので訂正します。ミヤマリンドウは副片(メインの花びらの間にある小さい花びら)が寝ているのに対し、イイデリンドウは副片が立っているのが判別のポイントとのこと。植物の世界は奥が深い。Aさんありがとうございました。

20210806_1飯豊山頂(右)と大日岳(左)


20210807_2山頂から大日岳


20210807_3ミヤマリンドウ

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.msc-jp.net/modules/d3blog/tb.php/1630
Copyright 2001-2014 msc-jp. All rights reserved.