Welcome Guest 
  • iceclimber_mscさんの最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

山行記録 - 谷川主脈縦走

谷川主脈縦走

カテゴリ : 
縦走
執筆 : 
iceclimber_msc 2021-9-19 5:20
山行報告書

日程:2021年9月19日(日)
山域:谷川主脈 
山行形態:縦走
メンバー(役割):F(記録)

記録:4:30谷川岳インフォメーションセンター発 6:40 肩の小屋 8:30 万太郎山 10:30 仙ノ倉山 11:10 平標山 12:30 平標登山口

  台風一過の好天が予想されたので、谷川主脈を計画した。その昔、赤谷川本谷、オジカ沢の遡行後に一部の稜線を歩いていたが繋げて歩いたことがなかったので、いつかは行ってみたいと思っていた。装備は先月の船窪縦走と同じく軽量化しほぼトレランスタイル。

  4:30霧雨の中スタート、前日の雨で西黒尾根の岩場はよく濡れていて何度も足を滑らせる。肩の小屋に到着するもガスに包まれていて谷川の山頂はパスし強風の縦走路を進む。オジカ沢の頭に着いたころからようやく天気は回復しその後一気に好天となる。万太郎谷側は紅葉も進み、期待以上に色づいている。縦走路は特に悪い所もなく濡れた岩に多少気を付けるくらいで下りはほぼ小走りで進んだ。万太郎と仙ノ倉の登り返しはなかなかキツかったが荷物が軽いというのはこの年齢になるとやはり大きなアドバンテージだと感ずる。

  万太郎の山頂は誰もいなかったが、仙ノ倉と平標の山頂は登山者で大賑わい。火をつけたタバコの匂いが臭いと言われ、逃げるように松手ルートで下山をした。湯沢までバスで戻り、タイミングよく臨時の特別な列車(谷川ループ号・950円)に乗り土合まで戻った。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.msc-jp.net/modules/d3blog/tb.php/1642
Copyright 2001-2014 msc-jp. All rights reserved.