Welcome Guest 
山行記録 カレンダー
« « 2021 1月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6
月別アーカイブ

山行記録 - 三ツ峠/金ガ窪沢アイスクライミング

三ツ峠/金ガ窪沢アイスクライミング

カテゴリ : 
アイスクライミング
執筆 : 
iceclimber_msc 2021-1-16 14:20
日程: 2021 年1月16日(土)
山域:三ツ峠/金ガ窪沢アイスクライミング
山行形態:訓練山行 
メンバー及び役割:CL:W 記録:K 
天候:晴

行動時間:三ツ峠登山口8:30着 堰堤登攀開始9:30 上部の右股支沢登攀開始11:00 大棚下・昼食13:00〜13:30 大棚登攀14:00 15:00 解散 15:50

概  要:

9時30ごろから堰堤左側にて体ならしを兼ねて、トップロープにてそれぞれ気のすむまで登攀を繰り返す。11時過ぎから、上流の右側支沢にてWリードで2ピッチを登る。13時過ぎに大棚に登るため、順番待ちを兼ねて大棚前で先駆者の登攀を見ながら昼食をする。14時ちょうどにWリーダーが3年来念願の大棚を50mロープを背負って挑む。順調にスクリューを入れ、14:50分頃に満足した様子で登攀を終える。すぐさま装備を解き15時過ぎに撤収する。16時頃登山口に到着し、装備を解き、登山口の反対側林道に止めたW車にて帰路に就く。

感  想:
昨年に比べると結氷状況が大分よく、下部の堰堤も全面が登攀可能であった。昨年はほとんど結氷がなかった右股支沢も2ピッチにかけて登ることができた。大棚に至っては昨年と大違いで周辺までが全面的に結氷しておりきれいな様相を見せていた。コロナ禍であろうか、平年より手近なこのゲレンデにアイスクライマーが集中しているようであった。見知った山岳会のメンバーにも遭遇しました。


     

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.msc-jp.net/modules/d3blog/tb.php/1598
Copyright 2001-2014 msc-jp. All rights reserved.