Welcome Guest 
  • iceclimber_mscさんの最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

山行記録 - 唐松岳〜五竜岳

唐松岳〜五竜岳

カテゴリ : 
雪山
執筆 : 
iceclimber_msc 2021-4-22 6:10
山 行 報 告 書

日程:2021年4月22(木)-23日(金)
山域:唐松岳〜五竜岳
山行形態:自主山行 雪山縦走
メンバー及び役割:F(CL)、A(記録)

記録:
8:00八方尾根スキー場の朝一番のゴンドラに乗車。平日にもかかわらずスキー客や登山者は結構いる。下部のゲレンデにはもう雪はない。8:40八方池山荘から歩きはじめる。八方池は雪に埋もれている。左手に五竜、鹿島槍、右手に白馬三山を眺めながら広く長い八方尾根を歩き、北アのスケールの大きさを改めて感じる。11:10唐松頂上山荘到着。荷物をデポし唐松岳山頂を往復。山頂からは立山、劔岳の眺望が良い。山荘前でランチ後、12:30五竜方面に向かう。

一端大きく下り、最低鞍部から白岳へと登り返す。稜線にはほとんど雪はなく夏道が出ている。鎖場を激下り、あとでアイゼンを外さなかったことを後悔する。最低鞍部では夏道が雪に埋もれ、東側は大きく雪庇が張り出している。樹林帯の縁を通り夏道に復帰。登り返しで二人とも足がつる。3:00五竜山荘到着。山荘の東側にテント設営。誰もいない北アの稜線でゆっくり酒を呑み眠る幸せを感じる。

2日目6:00起床、朝食後7:20五竜に向かう。悪ければ引き返す予定だったが、夏道も出ていてトレースもあり、最後の雪の急斜面は気を許せなかったが8:10五竜岳の山頂に到着。唐松から辿った稜線を振り返る。テン場に戻り、撤収後9:30下山開始。西遠見までは急な雪稜が続き今回の核心部と心得て慎重に下った。その後は緩やかな下りと登りを繰り返す長い遠見尾根を、これまでのこの山域でのMSCの登攀の足跡に思いを馳せながら下った。12:00ゴンドラ駅到着。マスクが紛失しバラクラバでゴンドラに乗車するはめに。12:30下山。タクシーで八方へ戻る。

今回はFさんの個人山行に相乗りさせていただきました。テント装備を背負うと途端に歩けなくなのを実感するようになりました。それでも好天に恵まれ、春山を満喫することができたことは幸せなことです。有難うございました。


トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.msc-jp.net/modules/d3blog/tb.php/1611
Copyright 2001-2014 msc-jp. All rights reserved.