Welcome Guest 
  • カテゴリ 雪山 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

山行記録 - 雪山カテゴリのエントリ

上越/白毛門〜丸山乗越〜赤沢山

カテゴリ : 
雪山
執筆 : 
iceclimber_msc 2020-4-2 6:01
日程:2020年03月13日(夜)発〜15日(日)1泊2日
山域:上越/白毛門〜丸山乗越〜赤沢山
山行形態:雪山縦走
メンバー(役割):U(CL/装備)、W(SL/記録)、K(食当)、Y(食当)

 先週の谷川雪上訓練の時よりは暖かい土合駅にて就寝。明けて土曜日の朝は曇り空。見上げる白毛門山頂付近に黒々とした岩肌。土合駅周辺の雪解けもとても早い。白毛門駐車場も5〜6台分は停められるくらい雪が無い。「雪が無いと肩を登るのが厳しいよね」でも、「行ってみなくては分からない」。全く雪のない登山道をしばしゆくと降雪が始まる。雪というよりはみぞれ。1050m付近で固めの雪が始まりアイゼン装着。松の木沢の頭は視界悪く見えるのはジジ・ババの岩くらいまでで一ノ倉はまったく見えず。肩付近から白毛門沢方面に全層雪崩が何か所も起きており、今年の気温の高さが伺える。肩の直下でしばし休憩。左の草付きまでまくり、先行者たちのトレースで出来上がった階段状の雪壁を登る。登ってみれば雪面に数か所の亀裂が走っていたものの難なく山頂に立つことができた。
 記念撮影の後、丸山乗越方面に進む。山頂まであったトレースはその先全く無くなった。CLのナビで順調に進む。クラストでよく締まった雪面の上に10兌紊凌契磴積もり、途中でワカンに切り替えて進む。Kさんがここまで案外すんなり進んでこれたので気を良くしていたのか楽しそうに雪庇の近くを歩いている。その先1526mピークで北東に切り雪庇を避けて丸山乗越に下りていくのだが、なだらかな窪みの上にできた雪庇にまっすぐKさんが進んでしまい軟雪の上に不時着。本人「雪面が見えていなかった」とのことでした。気を付けましょう・・。
 丸山乗越には早々に到着。みぞれがひどかったので、濡れたものを乾かすことに。そののち昼寝、うたた寝を交えつつ、会の今後のこと、新人勧誘のこと、等議論するが結論は特に出ない。山は静かに新雪をテントに打ち付け日は傾いていった。夕飯はKさん用意のシャケのチャンチャン焼。山で食べるのは初めてだったが、甘い味噌だれにてなかなかの美味。
 夜半にバサバサと大きな音が続いたので「雨かな?」と思ったけれども明けて外に出てみると新雪が10兌綫僂發辰燭。思っていたよりは冷えなかったがそれなりに降ったようだった。丸山のピークをパスする際に6年前に御大と来た時のことを一人思い出す。「この辺はもういいだろう?」と恐らくは雪の奥利根を目指せという趣旨だったのだろうか。あれからどれだけ進歩しだだろうか。答えは出ないままに、急に冷えた風が新雪とともに山稜に吹く。その内に日が差し、午前中の内に陽だまり雪稜漫歩となった。ポイントとなった赤沢山からの土合方面への分岐はCLの的確なナビにより方向をとらえ沢型の左岸から白毛門駐車場を右に見て土合山の家の池の裏からの下山となった。最後の沢型の前後は傾斜が急でかつ雪もすくなくガレた斜面を木を頼りに下山する形となった。天候悪かったせいか終始誰にも合わない静かな山行だった。間に合いそうなので「先週に続きあしま園に行こう」、となり店には入れたが「食材が品切れになった」と帰されてしまい残念。たむらで胃袋を満タンにして帰路とした。

携行装備:基本装備(アイゼン、ピッケル、スコップ、わかん、ヘルメット)。火器はMSR+大ボトル(ほぼ使い切り)。5天NO.1の本体は大分古いがまだまだ現役。

記録:3/13日(金)22:30 厚木駅セブン集合(U車)3/14日(土)1:00 土合駅着 6:00 起床 7:20 土合駅出発 10:20 松ノ木沢の頭着 10:50 白毛門肩の下着 11:40 白毛門山頂着 12:35 1526mピーク 13:00 丸山乗越着 3/15(日) 4:30 起床 6:20 出発 7:30 1462mピーク手前のコルを見下ろす平地で小休止 9:55 赤沢山山頂着 12:00 土合駅着

白毛門山頂


丸山乗越幕場

八ヶ岳 杣添尾根

カテゴリ : 
雪山
執筆 : 
iceclimber_msc 2020-3-2 6:34
日程:2020年2月1日(土)
山域:八ヶ岳 杣添尾根
山行形態:冬山ハイキング
メンバー及び役割:B(SL)、I(CL/記録)

記録: 
2月2日の総会に参加することに合わせて、前日八ヶ岳に登ることにした。どうせ登るなら人が少なく静かな場所が良いと考え杣添尾根を選んだ。京都から八ヶ岳は遠い。いつも通り出発前にナビに入力すると、目的地まで370kmと出た。最近、300km台だと驚かない。進めばそのうち着くだろうと出発するが、疲れていたせいか目的地手前の八ヶ岳PAで力尽きる。
5:00に起床して、集合場所の道の駅に向かう。晴れているがかなり寒い。Bさんと合流して、海ノ口登山口に向かう。数日前の大雪の影響を心配したが、登山口駐車スペースまでほぼ除雪されていた。駐車場には2,3台車が停まっていた。我々の到着後、さらに数台到着した。思っていたより人が多く驚いた。登山道は、トレースもあり非常に歩きやすかった。もうすぐで森林限界というところで、風が強くなりトレースが消える。腰くらいまで雪に潜るところが出てきたため、ワカンを装着した。しかし、雪が深いところは長くは続かず、そのまま順調に高度をあげて、三叉峰に到着した。風もなく、快晴の中、赤岳、阿弥陀岳、硫黄岳、さらには富士山まで綺麗に見渡せた。そのまま稜線を歩いて横岳奥ノ院へ。しばしの撮影タイムの後、もと来た道を下山した。
杣添尾根は特に危険箇所もなく、足慣らしには丁度よかった。意外にも人が多く驚いたが、久しぶりに冬の八ヶ岳を堪能できて、とても満足な山行であった。

31日:24:30 八ヶ岳PA
1日:5:00起床ー5:30道の駅南きよさとー6:40海ノ口登山道駐車スペース出発ー10:50三叉峰ー11:20横岳奥ノ院ー13:30駐車スペース

稜線手前の急登


稜線手前


三叉峰


稜線

南ア/甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根

カテゴリ : 
雪山
執筆 : 
hnyqzi11664 2020-2-22 19:00
日程:2020年02月22日(土)朝発〜24日(月)2泊3日
山域:南ア/甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根
山行形態:雪山縦走
メンバー(役割):W(CL/食当)、U(SL/食当)、Y(食当)、H(記録/食当)

記録:
大船駅に集合してW車で尾白川渓谷の駐車場に向かう。前夜泊とは違う寝不足を解消しながら駐車場に着き、Uさんと合流して10時過ぎより歩き出す。つり橋を渡り毎度の登りが始まる。辺りに雪はまったくなく、しかも暖かい。左手から日が射してくると、まるでゴールデンウイークじゃん、と錯覚する。2時間半ほど行くと昼間の暑さで溶け、再凍結した踏み跡が所々に現れる。気を配るのが面倒なのでクランポンを付けて進む。笹ノ平を過ぎ、刃渡りまでは八丁登りを挟んで意外と長い(地図上でも長い)。が、梯子を慎重に登って刀利天狗を過ぎれば気持ち的は残り五分(ぶ)になり、黒戸山を左手に雪と凍結の道を進んでその先を下る。雪が降る誰もいない小屋跡、五丈石の洞穴をガチャ置き場にしてその先にテントを張る(後日3つ張られたテント長屋からは離れていたので正解だった)。凍り付くような気温ではないが雪は舞い、風も止まない。濃密な居住空間、それはそれでいいものだと思いだす。今日はお肉たっぷりの夕飯だ。明日は天気次第、風音を気にしながら眠りつく。
翌朝積雪は15cmほどか、ときたま薄日のさす天気で良くはない。台風で取替えられた真新しい梯子を掴んで七丈小屋を目指す。途中、ネットに載っていたガイド山行の花谷さんとすれ違う。今日は下山日とのこと、「まるで冬山のようだ」と挨拶の言葉を交わして1時間半ほどで七丈小屋に着く。第二小屋の前でルートをイメージし合い、八合目まで進むことにして出発する。キャンプ指定地を過ぎると、尾根を右に回り込み過ぎたが薄い踏み跡まで戻り、林を抜けて森林限界にでる。開けた上部斜面は尾根筋に沿って右下から上がり八合目に着く。ダイヤモンドフランケへ下る左斜面の岩室が頭に浮かんだが、もう一段登る必要があるので無理をせず大休止にする。御来迎場の石柱の傍らで記念写真をとり、登ってきたルートを目指して下る。

ところが、斜面にでると雪は降っていないがブリザードのような経験のない横風に晒され、先頭を下るWさんを見失なわないよう本気モードでついていくことになる。立ち止まることに意味がなくなり途切れることなく吹かれる。風速20m〜、天気予報は当たっていた。Hのメガネには風で氷が張り付き、視界は歪んだ白の世界だ。尾根から右下の林へ降り下るところでアクシデントが起こる。風に押されYさんが視界から消えた。幸いにも怪我はなく七丈小屋に戻る。第二小屋で体と気持ちを充電して、感謝と祝杯用に缶ビールを仕入れて幕営場へと下る。一夜明けて下山日は好天気になる。上がってくる登山者に「今日はいい天気。登頂日和です」と挨拶をしつ…。韮崎の温泉(旭)に浸り、とんかつ(十兵衛)を食べて解散する。思うように天気を掴むのはなかなか難しい。経験を積むことができたのは幸いだった。
22日 6時50分 大船駅西口(集合)-9時45分 尾白川渓谷駐車場(U車合流)-10時05分 出発-14時15分(刃渡り)-15時40分 5合目小屋跡(幕営)
23日 5時 起床-7時00分 幕場発-8時30 七丈第二小屋-10時05分 八合目御来迎場-10時55分 出発-11時50分 七丈第二小屋-14時 幕場着
24日 4時 起床-6時20分 出発-10時20分 駐車場

八ヶ岳 赤岳〜硫黄岳縦走

カテゴリ : 
雪山
執筆 : 
iceclimber_msc 2020-2-3 15:17
日程:2020年01月23日(木)〜24日(金)
山域:八ヶ岳 赤岳〜硫黄岳縦走
山行形態:雪山
メンバー(役割):F(記録)

記録:予定どおり午前9時前に船山十字路に着くが予想に反してどしゃ降りの雨、ここまで入れば雪だろうと考えていたが甘かった。
美濃戸口まで移動してみるが、当然天候は同じ。阿弥陀南稜は諦め、とりあえず昼頃まで様子を見ることに。
原村周辺をドライブしながら時間をつぶすが雨の降り方は変わらず。昼近くになってきたので下山後に入るつもりだった諏訪南インター前のハルピンラーメンで昼食。長野では有名らしく味噌とも醤油ともいえない独特のスープが特徴。
ちょうど12時をまわったので再び美濃戸口に、雨も小降りになり、予報の雨雲レーダーも確認し本降りにはならないと判断し13時過ぎに行動を開始したが、美濃戸手前から雨足が強まる。16時過ぎ行者小屋着。ここでも雨にちかいみぞれ状態、最後まで降られ続けたのでずぶ濡れ。MSRをガンガン焚いてウェア類を乾かした。今回新調したアンダーウェアを使用してみたが、やはりファイントラックのスキンメッシュのほうが優れていると感じた。
翌24日は好天に恵まれたが、前日の降雨の影響で雪質はモナカ雪、稜線上はかなりの強風でトレースなし、難しくはないが、安易なフットワークは出来ないような状況だった。下山路はやはり雨の影響でシャーベット状態な箇所が多く、なかなかバリエーション豊富な山行となった。
23日13:15美濃戸口 16:20行者小屋 24日 7:00行者小屋 8:40赤岳 11:30硫黄岳 13:00行者小屋 16:00美濃戸口

南アルプス/茶臼岳・ 上河内岳

カテゴリ : 
雪山
執筆 : 
iceclimber_msc 2020-2-3 15:08
日程:2020年1月9日(木)〜10日(金)
山域: 南アルプス/茶臼岳・ 上河内岳 
山行形態:自主山行 
メンバー及び役割:記録/F

記録:アプローチの畑薙は遠い、距離的には自宅から片道180キロくらいなのだが高速を降りてから山道を70キロ近く走るのはホントにしんどい。午前3時前に家を出たが、到着は6時をまわってしまった。あまりにも疲れたので30分仮眠してから7時過ぎに沼平から歩き始める。久々のフルスペックの装備と寝不足で最初から足取りが重い。ヤレヤレ峠でヤレヤレと声をあげ、ウソッコ沢小屋から横窪小屋までの急登で何度か足が攣りそうになる。1800メートル付近から雪が出てきて1900メートルからアイゼンを着けるが、ここから2400メートルの茶臼小屋まで脹脛から時折膝のラッセルに苦しむ。途中わかんにしようか考えたが樹林の中で取り回しが悪そうなのでアイゼンのままで、ようやく14時前に茶臼小屋まで辿り着く。貸切の小屋の中にテントを張り、トレースを付けに稜線まで上がり今日のうちに茶臼岳のピークを踏んでしまおうかと考えたが、山頂はガスに包まれていたのでさっさと小屋に戻った。疲れていたので早々と夕食を済ませ18時には就寝。夜中強風で小屋のドアがガタガタと音をたて誰かが入ってくるようで怖かった。翌朝4時起床予定が4時半まで寝てしまう。6時過ぎ小屋を出発。稜線に上がると風もほとんどなく絶好の日和で気持ちが昂る。まずは上河内岳を目指す。視界が良いのでルートに迷うところはほとんどなかったが、一部樹林帯のところで右往左往してしまった。稜線上はカリカリの雪面が所々出てきてアイゼンの爪を慎重に効かせながら進む。上河内岳のピークは稜線から少し離れているのだか、ここの登りがよく凍った斜面になっており、アイゼンの前爪を蹴り込みながら登った。7時半に上河内岳山頂着。南アルプスのジャイアントたちの堂々とした姿が素晴らしい。下りも後ろ向きクライダウン。帰ったらアイゼンの爪を研ごう!稜線を戻り茶臼岳着9時。9時半に小屋に戻り撤収し10時に下山開始。下りは前日の自分のつけたトレースのおかげで順調。14時に沼平に着。白樺荘で風呂に入り、最後の核心下り山道へ車を走らせた。アプローチは遠いが南ア南部は山深くて良い。
※久しぶりにピッケルを購入しその具合を試してみたのですが、硬い斜面ではクロモリのヘッドのほうが良いような気がしました。
(購入したものはステンレス)
Copyright 2001-2014 msc-jp. All rights reserved.