Welcome Guest 
山行記録 カレンダー
« « 2024 7月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
月別アーカイブ

-

カテゴリ : 
執筆 : 
iceclimber_msc 2022-8-11 15:20
山行報告書

日程:2022年08月11日(水)〜12(木)
山域:梓川支流島々谷川/某沢

山行形態:釣り
メンバー(役割):F(記録) A

記録:
11日 
  松本インターから安曇野市三郷小倉からスカイラインとは名ばかりの、眺めのよくない林道、三郷スカイラインを走る。ちょうど展望台のある手前の駐車場に車を停める。山の日であるからか駐車場には10台近くの車が駐車されていたが、釣りでなく登山者であることを願い準備をし出発。大滝山登山口まで1時間林道を歩き、そこから、廃道と化したX沢林道を木々をかき分けながら予定の下降点まで進んだ。下降に使った沢はよく踏まれておりほどなくX沢へ下り立った。X沢の流れを下っていくとしばらくして某沢が出合う。

予定ではここから少し下った場所をテン場予定としていたが、出合いに絶好のテン場があり、ここを宿に決めた。タープを張り、薪を集めた後、いよいよ期待の某沢に竿を出す準備をしていた時に沢から2人組の釣り人が下降してきた。「うわっ、やっぱりいたか・・・・」と内心つぶやき、釣果を聞こうと思ったが挨拶だけ交わした。2人組はそのままX沢を登っていった。気を取り直して、Aさんと交互に竿をだしながらポイントを探っていくが、一向に魚の気配がなく、それでも2時間くらい釣り上がった。

  1500メートル付近で引き返しテン場から下流側を狙ってみることにする。時間的に夕まずめ時で魚の活性も上がってきたようで、ようやく待望の一匹、しかも尺岩魚を釣ることができ今晩のおかずには十分なりそうだ。テン場に戻り、焚火と夕食の準備に取りかかる。冷えたビールで喉を潤し、Aさんの持参してくれた網でじっくりと焼いた岩魚をつまみに、まったりとした至福の時間が過ぎていった。


12日 
  ゆっくりと起床、台風が近づく影響からか朝方に雨が降り始めるがすぐに止んだ。8時過ぎに出発し、今日はX沢を竿を出しながら最後まで詰める予定。某沢よりこじんまりとした沢で雰囲気のいい沢であるが、あまり開けた感じでなく、フライやテンカラは振りづらい。それでもポイントごとに毛ばりを流していくが、昨日の某沢同様魚の気配はなし。活性が低いのか、スレているのか?結局最後まで岩魚の姿を見ることなく、納竿。13時に林道に上がった。

 釣果として物足りなかったが、釣りとはこんなもの。1カ月前釣れたのに今日はまったく、1年前まったく釣れなかったのに今日は爆釣なんてことはよくある話。楽しい時間を過ごさせてくれた沢と森にありがとうと感謝したい。


トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.msc-jp.net/modules/d3blog/tb.php/1681
Copyright 2001-2014 msc-jp. All rights reserved.