Welcome Guest 
  • カテゴリ 沢登り の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

山行記録 - 4月23日 (土) マスキ嵐沢 自主山行

4月23日 (土) マスキ嵐沢 自主山行

カテゴリ : 
沢登り
執筆 : 
msc_kiroku2 2005-4-23 10:41
メンバー 菅原CL 寺本SL 平川(記録)  今年の沢始めを西丹沢はマスキ嵐で行う事となった。私個人的には何となく行きそびれて気になっていた沢の一つであった。菅原車で入渓するため8時に伊勢原に集まる。246号を西に走って1時間程で西丹沢自然教室前に到着した。今日は入渓点と下山路が異なるため下山路側に車をデポし、入渓点の大滝沢まではバスで移動してのスタートとなったのであった。  マスキ嵐は大滝沢入り口BSから小一時間ほど登った所に左岸から流れ込む小沢であるが、近年静かな人気を集めているようで遡行記録も幾つかあるようだ。ただ、沢歩きはそんな記録で事前勉強をするより先入観無しで入ったほうが楽しいに決まっているのだ。  このマスキの出合いはちょっと間違えやすい。知らない間に登山道はマスキの左岸沿いを登っているからだ。案の定、既にマスキ沿いを登りながらマスキ出合いを探すという失態に気が付いたのは、登山道の道標を見つけてからであった。小沢という先入観に反しマスキの出合い付近は開けた感じで予想していたよりかなり広い。ここで装備を付けて入渓となった。  この沢は人が入り始めているとはいえまだまだ人臭さは少ない。幾つか有る棚も支点などはほとんど無く、難しかったらかなりてこずるだろう。  短い沢なのでゆっくり休みながら登る事とする。大休止の後、唯一ザイルが必要なF9?に付いた。ここは菅原さんがリードで登る。落ち口を抜けるのが半年振りの沢登の身体には少し難しいが、これで身体も今年のスタートを切った感じであった。登った所でまた大休止。すると、そこで菅原さんがザックをひっくり返して何やら物色を始めた。菅原さん曰く『車の鍵が無い!』。一同青くなってしまった。恐らく先ほど大休止した二俣のあたりに落としたのだろうという事で探しに行く事になった。その二俣は10分ほどの所で、予想通り鍵はそこに置き忘れていたのであった。  最後の詰めも程無い登りで稜線に出て遡行終了。すぐ隣の権現はパスして車をデポした西丹沢に下山する。1時間ほどの楽な下りで到着となった。  マスキ嵐はたいした棚もない小さい沢だが沢始めの身体には良い選択である。伊勢原に戻り用事があって早く帰らなければならない平川に合わせてもらい、目立たぬ所に有るトンカツ屋でさくっと軽めの反省会を 済ませて帰路に着いた。 9:05 西丹沢教室着、10:27 マスキ嵐入渓場所着、10:45 入渓、11:07 F1着、11:17 F3着、11:56 F4抜ける、12:30 二俣着、コーヒータイム、12:45 出発、13:00 F1着、13:23 F1抜ける、14:00 F7に戻り巻道抜ける。14:15 稜線に抜ける、14:45 下山、15:15 西沢分岐着、15:50 西沢出会着

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.msc-jp.net/modules/d3blog/tb.php/767
Copyright 2001-2014 msc-jp. All rights reserved.