Welcome Guest 
山行記録 カレンダー
« « 2022 11月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3
月別アーカイブ

-

カテゴリ : 
執筆 : 
iceclimber_msc 2022-8-21 5:40
山行報告書

日程:2022年8月21日(日)
山域:八ヶ岳 ジョウゴ沢
山行形態:沢登り
メンバー及び役割:K、O(SL)、U、I(CL/記録)

記録: 

8月の訓練山行は八ヶ岳ジョウゴ沢。昨年同様、沢の足慣らし訓練ということでジョウゴ沢を選んだ。
天気予報は雨のち曇り。前日夜は大雨で、どうなることかと思ったが、諏訪南ICを降り八ヶ岳方面に向かうと八ヶ岳のシルエットがうっすら見え、天気が問題なさそうと判断した。赤岳山荘駐車場に6時に集合し、赤岳鉱泉に向けて出発した。思えば、この道は冬に何度か通ったことがあるが、夏は初めてかもしれない。新鮮さを感じながら進み、Kさんが待つ赤岳鉱泉に到着。

ここで装備を装着し、硫黄岳の登山道へ向かう。ジョウゴ沢の渡渉点から入渓した。ジョウゴ沢も冬に一度入ったことがあるが、全く景色が違って新鮮であった。F1とF2は容易に高巻くことができた。広い河原に到着すると、目の前に絶壁が迫る。ゴルジュに向かって進むと入り口に5mほどの滝が現れる。滝の左側が登れそうであるが、触ってみるとボロボロと岩が剥がれる。それ以外の場所は垂直の壁になっており取り付けそうにない。私自身ここで敗退かと思ったが、さすがOさん。出っ張った岩にスリングをかけA0で登ればなんとかなると、ロープを引いてトップで登って頂いた。確保の仕方、フォローの登り方等、Oさんに指示を頂きながら全員なんとか登りきることができた。こういう場合、登れる登れないの判断は自分自身はまだまだできない。

登った滝の上にも5mほどの斜滝があったがここは難なくクリア。ネット情報では、我々がロープを使った滝の記載はほぼなく、この斜滝が核心とのことだった。地形が変わったのかもしれない。この辺りから晴れ間も出始め、いい感じの雰囲気になる。その後、10mほどの滝を巻きながら進むと大滝25mが目の前に。さすがにこの滝は登れない。右岸側の尾根に上がろうと高度を上げていく。途中、酷い泥壁に出くわす。ここも通過に苦労した。

その後はハイマツ帯に入った。獣道を進みながらなんとかガレ場に到達する。最後は硫黄岳山頂手前(頂上南西側)の登山道に出た。一年ぶりに沢に入る私には最後のハイマツ漕ぎはかなりハードであった。大勢の登山客でにぎわう頂上で装備を解き、登山道を使って下山。赤岳鉱泉で休憩した後、駐車場まで戻った。車で帰路に付く頃に夕立がくる。かなりグットタイミングであったようだ。

ジョウゴ沢は予想していたより渓相もよく、滝場など見所もあり良い沢であった。ただ、今回の訓練の目的は足慣らし・沢装備の確認等々であったが、思った以上にレベルの高い沢であった(当初は1級くらいの沢かと予想していたが、十分に2級はあったと思う)。また、CLであったにもかかわらず、滝の突破、最後のハイマツ漕ぎ等は、Oさんをはじめ参加して頂いた皆様にお世話になりっぱなしであった。ただ、私にとっては大変良い訓練になりました。感謝いたします。


21日:6:00赤岳山荘駐車場発ー7:40赤岳鉱泉着、8:00赤岳鉱泉発ー8:10ジョウゴ沢入渓ー9:10ゴルジュ入口の滝ー9:50大滝ー11:30登山道ー11:50硫黄岳頂上着、12:10頂上発ー13:10赤岳鉱泉着、13:50赤岳鉱泉発ー15:00駐車場


F2
 

広河原


大滝


ハイマツ漕ぎ

カテゴリ : 
執筆 : 
iceclimber_msc 2022-7-27 15:20
山 行 報 告 書

日程:2022年7月27日(水)
山域:立場川・ノロシバ沢
山行形態:個人山行 沢登り
メンバー及び役割:F(CL)、A(SL・記録)

記録:6:00舟山十字路、7:00旭小屋付近より入渓、9:00ノロシバ沢出合、11:30稜線、12:00青年小屋、13:00西岳、15:00船山十字路
 
  立場川本谷、ノロシバ沢とも倒木多く、岩が脆い。本谷では3つの堰堤を越え、ゴルジュ帯は巻き、ノロシバ沢に体力を温存。ノロシバ沢出合はわかり難く、通り過ぎるもすぐに気が付き引き返す。

  ノロシバ沢は始め水量が少なく荒れた感じだが、徐々に水量を増す。最初の二俣を右に進んだ後は、小滝が続き、特にチョックストーンの滝が多いが、何れも難なく超えられた。核心と言われる8mのチョックストーン滝も難しくなく、渓相が年々変化していることが伺える。最後のチョックストーン滝だけは手強く、ロープを出して残置支点にスリングでアブミをつくりFさんが突破する。ザック搬送後、続く私はアブミを回収しながら、最後はゴボウでなんとか越えた。最後の二俣は左を探るも、ボロボロと崩れる右岸を諦め懸垂で降り、右俣へ進む。最後は崩れ落ちそうな急斜面をツメ、ノロシバの北東側の稜線に出た。沢装備を解いていると雨が降り出したので、急いでノロシバをあとにし、長い下山路へと向かった。ノロシバ沢の途中で滝上に死亡している鹿さんがいて驚いた。これを見ちゃうと沢水はたやすく飲めなくなるなあと思った。

カテゴリ : 
執筆 : 
iceclimber_msc 2022-7-24 5:30
山 行 報 告 書

日程:2022年7月23日(土)〜24日(日)
山域:西丹沢小川谷
山行形態:沢登り
メンバー及び役割:S(CL) H(SL) K S(ブロッケン山の会) O(記録)

記録:

  翌週予定の沢登り教室のS、H両講師の下見山行。ブロッケン山の会のS氏も講師のため山行に参加された。前日の山岳スポーツセンターでの訓練終了後、玄倉駐車場まで車で移動して教室の予定幕場で幕営する。

  翌24日7:00にS氏と合流し遡行開始する。晴れで朝から暑い。一か所堰堤を越える箇所があるが、その手前の台地状の川原が蕨の群落になっていた。春に山菜取りに行くと良いだろう。

  小川谷入渓後最初の関門、登りにくいF2には新しいハンガーが設置されていたが、ハンマーで叩き潰されており使用不能だった。S氏が空身で登り、鐙2台を設置してフォロワーが越える。他の滝のビレイポイントでも、壊されたハンガーが散見された。ハンガーやボルトが設置されると抜きたがる自然保護原理主義者が必ずいる。大水一発で渓相が簡単に変わる丹沢で、少数のハンガーの有無などどうでも良いだろうに。多くの滝の登攀は以前と変わらないが、釜は以前より深くなっており、取りつきにくい滝が増えたように感じる。水浸しの沢登りが楽しめる20年ほど前の小川谷に戻ったようだ。

  ハイライトの一つ、一枚岩の大岩は登れなくなっていて驚いた。左右に空洞ができ簡単に潜り抜けられる、ただの穴潜りになっていた。下見が目的なので支点やビレイポイントの確認に時間をかけたが3時間程度で終了点に到着した。登山道を下り1時間ほど幕場に戻り、デポを回収して玄倉駐車場に着いたのが14:00頃。ここで解散とした。

  今回はヤマビルに悩まされた。入渓点から下りの登山道まで、湿った草付きや濡れ落ち葉の吹き溜まりにはほぼ確実にヤマビルがいた。西丹沢はヤマビルが少ないというのは完全に昔話になったように思う。吸血被害に何度も遭うと哺乳類には抗体ができ、抗体を含む血液を吸ったヤマビルは死滅するという説がある。これまで散々ヤマビルに献血された方は、今後その血液を武器にヤマビルキラーとして山の安全に貢献していただきたい。

カテゴリ : 
執筆 : 
iceclimber_msc 2022-6-19 15:00
山 行 報 告 書

日程:2022年6月19日(日)朝発
山域:葛野川・深入沢
山行形態:定例山行 沢登り
メンバー及び役割:A(CL・記録)、HN(SL)、K、HR

記録:

1週間前の天気予報だと大雨予報だったので中止を覚悟していたが、3日前頃から予報が好転し、実際当日は晴れて気温も高くなり沢日和となった。沢の水も温かく感じられるほどだった。昨年同時期に定例で行った釜入沢の隣の沢なので集合もスムーズだった。当初計画では稜線まで詰める予定だったが、1000m付近から左岸に取り付きトラバース後痩せた尾根から下山路の中間尾根を目指した。

中間尾根は標高700m付近で道は不明瞭となり、この日はじめてGPSのお世話になった。深入沢は、ナメと小滝が連続する綺麗な渓相で、最初の6m滝と2つ目の10m滝でロープをだした。振り返れば、核心は最初の6m滝で、直登はできないため、左の枝沢の左岸を登り、右にトラバースして本流に懸垂下降したが、左岸の岩は脆く剥がれやすいため初っ端から緊張した。1年ぶりの沢登り、沢登りの感覚を蘇らせてくれる山行でした。参加者の皆さんお疲れ様でした。

カテゴリ : 
執筆 : 
iceclimber_msc 2021-11-23 7:00
山行報告書
日程:2021年11月23日(祝)
山域:丹沢 ヤゲン沢〜長尾尾根
山行形態:沢登り
メンバー及び役割:F(CL)・O(記録)

朝8:00に秦野駅集合し、ヤビツ峠を超えて札掛へ向かう。天気予報通り秦野は雨が上がって晴れていたが、小田急線から見えた丹沢の山にはまだ雲が残っていた。標高が上がってくるヤビツ峠あたりから雲ゾーンに入り、街の天気とは異なる肌寒い沢登りとなった。
スタートの地点で気がかりな張り紙を見つける。予定している下山路の近く(県民の森経路 本谷コース)で桟橋が崩落して通行できないというものだ。しかし予定下山路(長尾尾根)とは直接関係ないので予定通り9時過ぎスタートする。

1時間ほどタライゴヤ沢沿いの林道を歩いて、札掛/新大日と書いてある道標を見たところで林道を左にそれて10:00ヤゲン沢へ入る。なるべく濡れないように進む。丁寧に足の置き場を探しながら進み、滝を幾つか越える。ロープが必要な箇所はなかった。5人組の先行者あり。詰めを終えて行者岳へ抜けたのは12時半前。そこから登山道を新大日まで30分程登り、この30分の登りが予想外でキツかった。

新大日から長尾尾根に入るところでまたもや気がかりな張り紙を見つける。長尾尾根の木道も崩落していて通行できないというものだ。しかし長尾尾根が通過できないと、スタート地点に戻れない。

行けるところまで行ってみて、ダメなら引き返そうと決め、長尾尾根を降りる。長尾尾根はなだらかで気持ちのいい尾根だった。崩落個所がどのようなものか心配だったが行ってみると最低限通れるようにロープが張ってあった。ありがたく使わせてもらって無事通過。15時過ぎに札掛に下山した。

Copyright 2001-2014 msc-jp. All rights reserved.