Welcome Guest 
山行記録 カレンダー
« « 2023 1月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
月別アーカイブ

-

カテゴリ : 
執筆 : 
hnyqzi11664 2008-11-21 23:30
日程:2008年11月22日(土)前夜発?24日(月)
山域:南八ヶ岳 編笠山・権現岳・西岳
山行形態:縦走
メンバー及び役割:片倉、羽生田、新屋

...続きを読む

カテゴリ : 
執筆 : 
hnyqzi11664 2008-10-25 22:50
日程:2008年10月25日(土)
山域:丹沢
山行形態:訓練
メンバー及び役割:両角(CL)、片倉(SL)、羽生田(記録)

9月23日に行ったモミソ懸垂岩での訓練の続きとして支点工作、引き上げ、搬送を行った。参加者は3名だったが、少人数のパーティを想定した実践的な訓練となった。
訓練の内容
・支点工作
支点の種類によるカラビナ(ランナー)の掛け方の違い
バックアップと流動分散
スリングを使わないメインロープでの流動分散
・引き上げ
1/3システム
・搬送
背負い方

起こし方

最後に、両角さんを沢床上の段丘より林道まで搬送して訓練を終了した(幅広スリングでの背負い+ハーネスにセットしたスリングによる引き上げ補助)。
訓練を終えて、2?3名のパーティで実際にトラブルが発生すると、レスキューが如何に困難な事なのかよく解った。山登りは、
メンバー各自が常に安全第一で当り前に行動することに尽きるのだろう。

カテゴリ : 
執筆 : 
hnyqzi11664 2008-10-12 22:20
日程:2008年10月12(日)?13日(月)
山域:奥多摩
山行形態:24H山岳耐久レース
メンバー:新屋、羽生田

天気:晴れ
今年は新人の新屋さんも初エントリーされていてMSCから2名の参加となりましたが、エントリー自体が2日間で定員2000名に達してしまうほどの注目度でした。

羽生田
月夜見山の駐車場までは昨年より1時間以上短縮のハイペースで進めたが、その直後の眠気で大岳山までに貯金を使い果たしてしまい、終わってみれば数分短縮のゴールだった。来年は眠気がこないというサプリ(ムサシ「リプレニッシュ」)を試してみます。


新屋さん
まずは完走できてよかった。次回は時間短縮を目指したい。
『ハセツネ初参戦記』
71.5キロ。どうもピンとこない距離だが、とりあえずエントリーしてみた。
エントリーしたからには練習をしなくちゃ、という訳で、夜中に家の周りを犬と一緒に走り回ったら、犬の方がばててしまいあまり練習する間もなく当日を迎えたのであった。
膝と足首に厳重にテーピングを施し、ガス欠にならぬよう多めに食料を担ぎ、喉が渇くのも嫌なので水分も多めに準備した、まではよかったが、スタートして山道にかかった途端、大渋滞。
幾人か追い抜いたくらいでは埒もあきそうにないので、黙ってついていくことにする。結局第一チェックポイントまでは走るに走れず、ただただ早足で歩いただけであった。まぁ、このことが体力温存という意味ではよかったのかもしれない。そこからは登りは歩き、下りは気持ち走りながらなんとかゴールまでたどり着いた。
21時間30分。かかった時間のことより、それだけ長い時間、行動し続けることができたことの方が自分にとっての喜びとなった。
次回はもう少し作戦を練って、20時間を切ることを目標にがんばるぞぉ。

カテゴリ : 
執筆 : 
hnyqzi11664 2008-4-20 21:40
日程:2008年4月20日(日)
山域:表丹沢
山行形態:登山競争
メンバー:羽生田

フィックスロープが張られた場所では指出しの軍手が本当に役立つ。登山道というよりはけもの道に近い二の塔の下り、菩提峠の下り道は短かいがヌカリもプラスされ、難度は北丹沢、ハセツネをしのぐ感じだった。
登山者の仮装だろうか? 55Lぐらいのザックを背負ったランナーには牛首?三の塔間の2/3あたりであっさり追い抜かれる。コースの随所で岳連教室の講師の方々に見守られ、無事、完走できた。
記録は参加者全体で159(年代別25)位、148分32秒、順位は気持ち早いくらいか。
Copyright 2001-2014 msc-jp. All rights reserved.