Welcome Guest 
山行記録 カレンダー
« « 2024 6月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
月別アーカイブ

-

カテゴリ : 
執筆 : 
m-kurita 2016-5-17 22:10
日程:2016年4月29日〜5月5日
山域:北アルプス 黒部横断
山行形態:雪山バリエーション
メンバー及び役割:CL古屋/SL筑後(記録)/栗田

記録:
04/29 エスカルプラザ(8:00)-五竜山荘(14:30)
04/30 五竜山荘(5:00)-五竜岳山頂(8:15)-東谷山尾根(17:00)
05/01 東谷山尾根(5:00)-S字峡(12:45)-ガンドウ尾根(18:00)
05/02 ガンドウ尾根(6:00)-池ノ平小屋(16:00)
05/03 池ノ平小屋(5:00)-池ノ谷乗越(12:45)-剱岳山頂(14:45)-平蔵谷出合(17:00)
05/04 平蔵谷出合(11:30)-剱御前小舎(15:00)-雷鳥沢(16:00)
05/05 雷鳥沢(6:45)-室堂ターミナル(7:45)


五竜岳への登り。前方斜面には先行パーティーの姿。


五竜山頂から剱岳を望む。手前にはこれから辿る東谷山尾根。


東谷山尾根下部を下降中。


東谷山尾根下部の鉄塔に到着。S字峡は近い。


S字峡の吊り橋。


ガンドウ尾根下部を登る。藪の中の木登りが続く。


ガンドウ尾根上部。藪漕ぎからようやく解放され傾斜も緩む。剱岳も望まれるがこれまでの藪漕ぎで消耗しヘロヘロ。


北方稜線。池ノ平山から小窓への下降。


北方稜線。小窓の王を望む。


北方稜線。池ノ谷ガリーを望む。池ノ谷ガリーには先行パーティーの姿。


剱岳山頂。強風に飛ばされないようにこの姿勢。笑顔を浮かべていますが必死です。


雷鳥沢キャンプ場で。「やったぜー!」

カテゴリ : 
執筆 : 
m-kurita 2016-3-23 20:59
日程:2016年3月11日(金)〜13(日)
谷川岳一ノ倉沢 一・二ノ沢中間稜〜東尾根
山行形態:冬季バリエーション
メンバー及び役割:古屋(CL)、筑後(SL)、羽生田、栗田(記録)

東尾根から先、ヘッ電残業となりましたが、その日のうちに国境稜線へ抜け、肩ノ小屋に達することができました。

カテゴリ : 
執筆 : 
m-kurita 2016-1-31 20:52
日程:2016年1月23日(土)〜24(日)
戸台川流域・舞姫ノ滝
山行形態:アイスクライミング
メンバー及び役割:古屋(CL)、高橋、筑後、栗田(SL、記録)

氷の状態結構悪く、スリリング(恐ろしい?)アイスクライミングでした。

F1・F2・F3舞姫ノ滝


F3舞姫ノ滝


舞姫ノ滝登攀


登攀終了後

カテゴリ : 
執筆 : 
m-kurita 2015-10-22 21:02
日程:2015年10月17日(土)夜発〜18日(日)
メンバー:羽生田(SL)、戸田(CL)、栗田、筑後(記録)

晴天に恵まれた秋の1日、静かな幽ノ沢を満喫してきました。

カテゴリ : 
執筆 : 
m-kurita 2015-10-17 15:27
日程:2015年10月12日(月)
メンバー:栗田(CL) 筑後(SL)

本谷をそれて四ノ沢に迷い込んだりもしましたが、谷川の秋を満喫した1日でした。

Copyright 2001-2014 msc-jp. All rights reserved.