Welcome Guest 
  • カテゴリ 沢登り の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

山行記録 - 沢登りカテゴリのエントリ

6:15 K田車にてマイコンシティのファミマでH田さんピックアップ。7:50 戸沢駐車場着、身支度をして8:20発。 8:50 水無川本谷F1。セドノ沢出合?セドノ沢二俣?9:05 セドノ沢右俣F1下。右俣に入ると間もなく雪渓状の残雪が現われる。水も冷たい。F1は水流左手の凹角を登る。中間あたりに残置ハーケンがあり、ここまでは問題なく登れるが、この上は意外とホールド・スタンスが乏しい。右足を凹角右外の壁に置くとバランスよさそうだが、壁は苔でヌメヌメ。強引に凹角内を登ろうとして、危うく身動きが取れなくなりそうになる。一段降りて、右壁の右足が置けそうな所の苔をタワシで落として再度トライ。微妙なバランスで突破。冷や汗。
F2は水流右手を看板上の残置ハーケンまで登り、ここから水流に向かってトラバース。この滝も上半分は苔でぬめっていたが、うまい具合に水流の上に倒木があり、この倒木の上を落ち口まで登る。
10:50 F3大滝下。大滝を登るルートは水流左手、思ったよりも水流から遠いところを登る形となり、滝登りというよりも岩登りのイメージ。10m上のテラスで一旦ピッチを切り、2ピッチで登った。テラスから上は、丁度手頃なところに残置スリングがある。リードかつ後続パーティーが大滝下で待っていることもあり、ここはフリーにこだわらず、これら残置スリングを使ってA0で越える。
大滝登攀後は右俣沢床へは下りず、左手のセドノ沢左俣との中間尾根を懸垂下降を交えて下った。右手にセドノ沢左俣の沢床かなり近くに見えてきたところで、左俣に向かって懸垂下降、2ピッチで左俣の沢床に降り立った。数分下ると右俣と出合う二俣に戻ってきた。中間尾根をかなり忠実に末端近くまで下ったことになる。13:50 戸沢駐車場着。山岳スポーツセンターでシャワーを浴びて帰路についた。
感想:
H田さんより「私を背戸に連れてって」と銘打たれた今回の山行は、K田の訓練という意味合いもあり、基本的にK田がすべてリード、先頭を歩かせてもらった。懸垂下降の度にロープが引けるか確認することなど、大切だがついつい忘れてしまいがちな点を指摘していただいた。H田さん、ご指導ありがとうございました。
日程 2013年10月27日(日) メンバー F屋 B内 ITS いぬすきーおさん

沢だけでは物足りず、宝剣から極楽平まで歩いてきました。

念願のソースカツ丼が食べれて大満足!
日程:2013年9月13日(金)夜発?9月16日(月)  山域:只見川支流/御神楽沢  山行形態:沢登り  メンバー及び役割:片倉(CL・食当・記録)、清野(SL・食当)、新井(食当・装備)
記録:台風迫りくる中、予定通り行動。最終日は増水の中午前中に詰め上げた。2日目までに幕場を沢上部に上げられたのが幸いした。
9/14 6:35小豆温泉-10:00三岩岳避難小屋-11:00ミチギノ沢下降開始-13:20 1202m二俣-16:00御神楽沢出合(泊)
9/15 7:00幕場-8:25岩畳-10:25 3m巻いた滝-12:45 2条苔滝-12:55 10m直滝-13:15ムジナクボ沢出合下(泊)
9/16 6:35幕場発-9:10 1840m二俣-10:35稜線-10:45会津駒ケ岳-13:20林道車止

<9/14 行動中は雨降らず 夜半より雨>
11:00 ミチギノ沢下降点の地塘帯


14:45 ミニゴルジュ


15:15 水線通しに下れる


15:20 水線通しに下れる_2


16:00 御神楽沢出合(左:上流 手前:ミチギノ沢、直前のゴルジュは2滝まとめて巻下りた)


<9/15 朝から行動中ずっと雨だが増水はひどくない 幕場に着いたら青空も少々>
8:25 お馴染岩畳


8:40通過


9:10通過 2段目は右岸に渡れず右壁の残置利用


10:25 右岸から簡単に巻ける(3m巻いた滝)、念のため懸垂でおりる


11:50 水流強い際は右岸より 右から行くと右岸に渡れない


12:05 雨足強まる


12:45 2条苔滝


12:55 10m直滝は左のルンゼより簡単に巻ける 下りるとすぐムジナクボ沢出合


<9/16 夜半からの断続的雨は行動中弱雨・強雨の繰り返し>
9:10 1840m二俣


10:35 慎重に地図読みし、最後は10分笹薮を漕いで稜線 晴れてりゃ最高! 頂上、駒の小屋経由で下山、大雨で道は沢状態
日程:2013年 8月7 日 水曜 (夜)発?10日 土曜
山域:北アルプス 金木戸川小倉谷 
山行形態:沢登り
メンバー及び役割:古屋(CL/食当)、戸田(SL/食当)、坂内(装備/つまみ担当)、井貫(記録)



まさに秀渓。どこまでも深いグリーンの水に青い空!
若い力・・・・

おなじみ素掘りトンネル、3時間は長いね

出合は泳いで、水量たぶん多め。

泳いで取り付きカンテを登る


美しすぎる!(二人のことではないよ、滝ね)

美しく飛ぶ!

2日目2070m地点、笠までまだ800(-_-;) ごはんフルコース!

3日目はガスの中スタート

一気に高度を上げる奥に笠
稜線には10:45飛び出す。
いい夏休みでした!
日程:2013年 8月9日(金)夜発? 8月13日(火)
山域:只見川支流/大白沢/アサユウ沢
山行形態:沢登り
メンバー及び役割:清野(CL・食当・記録) 、片倉(SL・食当)、栗田(装備・食当)、渡邊(食当)

9日   21:30にTX流山おおたかの森駅集合。
    外環道?関越道小出IC経由して道の駅ゆのたに泊。
10日  道の駅ゆのたにの朝は早い。5時ころから野菜売りのおばちゃんたちが
    集まってくる。早々に出発・移動、下山予定地の鷹ノ巣に自転車をおいて
    から小沢平手前の駐車地点へ。
     8時行動開始。只見川本流を渡渉して入渓。大白沢出合は上流からの
    土砂の押し出しで左岸側が荒れている。不動滝、荒山沢出合、クロウ沢
    出合を通過してアサユウ沢下の幕場に13時前に到着。濡れ物を乾かし
    たりして午後をまったりと過ごす。15時ころ2人組が同じ場所に泊まる。
    聞くと我々の当初計画(稜線越え、東ノ沢下降、水鉛の沢遡行)と全く同じ
    コースを遡行とのこと。思わず興ざめ。
11日  6:20行動開始。アサユウ沢は20m逆くノ字滝をかけてキノクラ沢
    と出合っている。他パーティと同じ遡行をしてもつまらないので、計画
    では巻くつもりだったゴルジュ帯の遡行をもくろむ。逆くノ字滝は右岸
    尾根状から巻きに入り、最後は30m2本の懸垂(直下15m+振り子トラバ
    ース10m)で沢床へおりる。ゴルジュが始まり2?3mの落ち込みや滝を
    かける樋状の流れが3つ続く。どれも腰までつかるか左右のバンドを利
    用して越えられる。沢は30m程の糸状の滝を右岸側からかけて、大きく
    右に屈曲、5m斜瀑を越えると陽が差して明るく開ける。ところがゴル
    ジュはこれで終わらず、20m斜瀑が現れる。この高巻に時間を食ってし
    まう。暑さにまいった。
     沢床には30m懸垂2回で降り、大休憩・昼食。高巻に時間を取られた
    ので、稜線越えは中止して1650?1700mの平坦部を幕場と決めて遡行
    再開。1365mは右へ、10m滝は水流左直登、1420、1490、1540mの二俣
    を左・右・右と選び、笹薮がかぶさり傾斜が緩くなってくるとヒョコッと
    地塘帯に飛び出す。1490m二俣の先には5m大岩滝(右岸巻)、10m滝
    (左岸巻)があった。
12日  予備日がないため沢下降に計画変更。6:40行動開始。1350mあた
    りから左岸側の小ルンゼを登り、水平トラバースしてゴルジュ帯を高巻
    く。最後は尾根のキノクラ沢側を強引に降り、30m、10mの懸垂下降で
    アサユウ沢出合100mほど上流の沢床へ。出合手前の大岩は懸垂して
    降りる。初日の幕場で遅い昼食、そのまま幕営。
13日  6:20行動開始。10:30クルマに戻る。銀山平のカモシカの湯
    で汗を流し、家路につく。

<<写真:上から>> 荒山沢手前 アサユウ沢出合20m逆くノ字滝 アサユウ沢ゴルジュ1・2 アサユウ沢20m斜瀑 2日目幕営地



記録:
9日  21:30TX流山おおたかの森発、24:30道の駅ゆのたに
10日  8:00駐車地点発、9:00不動滝上、10:15荒山沢出合、12:45キノクラ沢出合下幕場
11日  6:20幕場発、6:22キノクラ沢出合、7:30 20m滝巻終了、8:45?11:30 20m斜瀑高巻、
    大休憩12:45発、13:15 1365m二俣、13:55 1490m二俣、15:15幕場着
12日  6:40幕場発、8:45 10m滝懸垂下降、9:22高巻開始、13:25高巻終了、
     13:50キノクラ沢出合下幕場着
13日  6:20幕場発、10:30駐車地点着
Copyright 2001-2014 msc-jp. All rights reserved.