Welcome Guest 
  • カテゴリ 沢登り の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

山行記録 - 沢登りカテゴリのエントリ

121013谷川集中 高倉沢

カテゴリ : 
沢登り
執筆 : 
kazumitu 2012-10-14 16:53
山 行 報 告 書

日        程: 2012年10月13日(土)
山        域: 谷川集中 ?湯檜曽川・高倉沢
山  行  形 態: 沢登り
メンバー及び役割: 清野(CL)、栗田、新井(記録)

記        録: 6:15土合駅出発―6:27入渓―6:44二俣―(右股)
            ―9:22遡行終了点―9:58高倉山山頂―10:20左俣下降開始
            ―12:40下降終了
            天候: 曇り一時雨後晴れ

6:15に土合駅を車で出発し、湯檜曽駅方面に車で5-6分の車道脇に車を置き、湯檜曽川に降りる。
湯檜曽川を渡渉し、向側の湯檜曽川に流入する高倉沢に入る。(標高約630m)
すぐに15mほどの滝が2つ連続して現れ、どちらも左から越えると、沢は二俣に分かれる。
この二俣を遡行は右側から、下山は左側から下降した。
7:15 標高900m地点で休憩。雨が降り出す。
7:40 2回目の二俣で左側を、8:10 3回目の二俣は右側を選択し遡行する。
水流はなくなり、スラブ状の岩場で今日初めてロープを出す。40mロープで2ピッチ上がり、その後は
藪の中をツメていく。風が強くなり手が悴むほどであった。
9:22 高倉山山頂から北に派生する尾根に取り付き、一休みした後標高差にして約200mの藪の中
の尾根をたどり高倉山山頂(標高約1449m)に出る。
山頂から南東に延びる登山道を下り、標高約1300地点から左側の藪に入り、沢を下降する。2回ロープを
出し、懸垂下降を行い、出発地点に戻った。

(感想)
高倉沢は思ったより小さな沢でしたが、初心者の私には登り甲斐のある沢だと思いました。沢を登るだけ
ではなく、沢をツメた後の藪漕ぎの辛さや沢の下降の難しさを実感することができました。
また、ロープワークや懸垂下降などは場数を踏み、鍛練が必要だと思いました。
懸垂下降ではロープに振られ滝の中に入ってしまい、頭から滝の水を被り暫く脱出できないという有り様
でしたが、メンバーの方々のサポートにより楽しい山行が経験できたことに感謝しております。

以上

早出川今早出沢ガンガラシバナ

カテゴリ : 
沢登り » 沢登り(自主山行)
執筆 : 
 2012-9-17 22:00
日程 2012年9月15日?17日
山域 川内山塊 早出川今早出沢ガンガラシバナ右方ルンゼ
メンバー 平川(L)、門脇、清野、羽生田、木村

清野氏念願のガンガラシバナに行ってきました。


支流の赤ッパ沢から今早出沢に入渓、水量はだいぶ少ないようです


羽生田氏いきなり岩魚を手掴みでゲット!


胸まで浸かる淵も


横滝 自然の造形美


この淵でたくさん岩魚を釣りました


先行パーティーがいたので初日は二俣の手前で幕、今宵はBBQ&岩魚の塩焼き


2日目、二俣を過ぎるとまもなく明るく開けた奥壁が・・・これがガンガラシバナ!


2パーティーに分かれて登攀、門脇氏70歳での登攀は最高齢記録!?
照りつける日射しで灼熱のスラブ地獄となる


熱中症寸前でモウロウとしながら左岸尾根を下降
平川氏の見事なルーファイで釜にドボンし生き返る


羽生田氏特製の洋風炊き込みご飯が絶品でした


焚火の夜 沢はやっぱりこうでなくちゃね?

清津川サゴイ沢

カテゴリ : 
沢登り » 沢登り(定例山行)
執筆 : 
derarin 2012-9-9 23:50
日程:平成24年9月8日(土)?9日(日)
山域:清津川サゴイ沢
山行形態:沢登り
記録:
土曜日
赤湯温泉までのアプローチ長く、11時過ぎに入渓。登り(巻き)ごたえのある滝が続き、予定のテン場に到着したのは辺りが薄暗くなってから。途中メンバーが地蜂に刺されるというハプニングがあり肝を冷やす。


日曜日
朝から一時間半ほどしっかり藪こぎして稜線へ抜け、苗場山の山頂へ。池溏の点在する湿原が印象的で風景を堪能も、下山長く最後はヘッ電歩きに。


予想外の好天に恵まれ、大変ながらも色々な要素が詰まった山行になりました。参加の皆さま、お疲れさまでした&ありがとうございました。

四十八滝沢

カテゴリ : 
沢登り » 沢登り(自主山行)
執筆 : 
j_shima2001 2012-8-21 11:48
日程:2012年8月19日 (日) 日帰り
山域:相模川水系 四十八滝沢
山行形態:沢登り
メンバー及び役割:羽生田(CL)、片倉(装備)、嶋住(SL/記録)

記録:
甲斐駒ケ岳の縦走を悪天候のため、四十八滝沢に山行予定を変更した。連日猛暑日にせまる中、アイスクライミングの下見も兼ねてと気分だけは涼しげです。
三つ峠北口登山口まで車で入り、そこから入渓点に向けて出発。北側斜面で陽はささないが暑い。登山道と並行する沢に早く降りたい。約1時間で登山道と沢が交差した所にある入渓点に到着。支度を整え沢登り開始。沢は苔に覆われているため慎重にホールド、スタンスを取るがロープを出すほどの難度はない。ほどなく20m大滝に到着。北側斜面のためか滝から来る風は冷たい。ロープを出し羽生田さんリードで登攀。あまり登られていないのか中間の残置支点は右岸に有るのみ。これは左から巻くときのルートか。右岸からは直登出来そうに無いので、滝の中を左岸にトラバース。カッパを着ているとはいえ、寒そうである。左岸に到着後もスタンスが悪いのか慎重にずり上がる。フォローの片倉さんと私はじっくりルートを見させて頂いたおかげで滝を浴びない位置でトラバースし、大滝を濡れずにクリア。羽生田さんが目を点にして「何で濡れてないの?」。それは羽生田さんのおかげです。
四十八滝というだけあり滝が連続する。白竜の滝はフレーク上の逆層となり、下から見ると分かりにくいが右岸から登るのが良い。左岸からは途中でホールドが取れずに詰まってしまった。
上部は苔むした滝が連続する。水源となる湧き水のある地点で遡行点終了。ガレをツメ、登山道に出る。折角なので、御巣鷹山、三ツ峠、木無山を巡り下山。下山道も余り踏まれていないのかガレていた。

入渓点

大滝 写真の位置からちょっと下でトラバース

谷川岳/仙ノ倉谷/西ゼン

カテゴリ : 
沢登り » 沢登り(自主山行)
執筆 : 
iceclimber_msc 2012-8-14 8:24
日程  : 2012年8月11日(土)
山域  : 谷川岳/仙ノ倉谷/西ゼン
参加者: 清野、渡邊、大山
記録  : 奥只見のアサユウ沢に入る予定だったが国道352号線が遊覧船乗り場で通行止め。
      地図がなくても登れる沢ということで西ゼンに転進。
      久々の西ゼンはやはり好い沢だ。

第一スラブ


第二スラブ


第三スラブ
Copyright 2001-2014 msc-jp. All rights reserved.