Welcome Guest 
  • iceclimber_mscさんの最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

山行記録 - iceclimber_mscさんのエントリ

日程:2011年4月17日(日)
山域:鷹取山
山行形態:岩登り訓練
メンバー及び役割:大浦(CL)、戸田(記録)、白川

記録:9:00 追浜駅集合
10:00?17:00 鷹取山 前浅間・コの字ボルダーにて終日練習 (15:00頃 白川さん合流)

大浦さんからのクライミング訓練の呼びかけに手を上げたのは私だけ。もともと三つ峠を予定していたが、場所を変えて鷹取山での花見クライミングとなった。
久しぶりのクライミングで試してみたいことがいろいろ有ったので、初心者でも安全に訓練できる場所を選んでいただき有り難かった。コの字ボルダーは独立した高台になっていて静かな上、目の前には葉も混じり始めた桜が風情を添えて、一日中我々のクライミングを見守ってくれた。
途中、ボルダリングをしにきたグループも含め5組ほどが入れ替わり練習していたが16時頃には皆いなくなってしまった。
午前中は主にトップロープでのクライミング、午後はカムやナッツの使い方を大浦さんから教えていただき、実際クラックのルートでカムをセットし登ってみる。その後、アブミの練習を行う。
その頃白川さんが合流。白川さんはソロクライミングのシステムを左側のコーナークラックを使い大浦さんから教えてもらっていたようだ。私はフィックスしたロープにタイブロックで確保しながらひたすらアブミの掛け換えを練習。最後に数本登り練習を終える。
今日のような簡単なルートで繰り返し練習するのも有効な訓練になると思った。今度はハングしたルートをアブミで登ってみたい。大浦さん一日ありがとうございました。
日程:2011年4月15日(金)
山域:神楽峰/かぐらスキー場?霧ノ塔?雁ケ峰?かぐらスキー場
山行形態:山スキー
メンバー及び役割:中山(CL)片倉(SL・記録)
記録:天気 晴れ 
6:32東京駅発 8:06越後湯沢駅着、8:20バス発 かぐらみつまたスキー場着発9:00、ゴンドラ、リフトを乗り継ぎ第五リフトから9:30発、11:10頃2010m峰着、ここまで、難なく、いや快調に登ってしまう。雪質も良かったせいだろうか。コース取りも良かった。じっくり休んだ後、12:30頃、雁ケ峰方面へ滑降開始、もう少しうまく滑れるとより楽しいだろうなと思いながら。13:00過ぎ、雁ケ峰着、小休止の後、かぐらスキー場へ向け滑降のはずであったが、少し、西寄りに降りてしまう。間もなく気づき、東に戻るべく尾根を4、5本越えるはめとなる。いままでがあまりに快調過ぎた。やっとの思いで正規ルートにたどり着く。しかしまた一苦労、かぐらスキー場が直下に見えるが、急傾斜である。恐怖を感じるほどの断崖ではないが、私のスキーレベルではちょっとキツイ。横滑り、斜滑降でどうやらスキー場にたどり着く。前半の順調な進捗が、後半に生きて、15:005頃にゴンドラ乗り場に着く。15:20頃下山し、15:45のシャトルバスにて岐路に着く。
 今回の、山スキーは思ったより急斜面がすくなく、天気も良し、快適であった。特に、全体を通して体力に優しく、スキー登山気分に浸れた。また、恐怖を覚えるようなところがなく、良かった。ただ、前日までの不摂生ためか、歯痛があり、頭痛薬を呑んで凌いだ。しかし、帰りの新幹線ではきつかった。その代わり、越後湯沢駅でのへぎそば、刺身など美味しかった。今回もまた、新鮮な経験を嗜めた。
日程:2011年4月12日(火)
山域:丹沢/源次郎沢
山行形態:沢登り
メンバー及び役割:新屋(CL)片倉(SL・記録)
記録:天気 晴れ 
7:30渋沢駅集合 7:40渋沢駅発、8:00大倉着、戸沢出合発9:30、世間話をしながら歩いたためか、戸沢出合までの距離がとても短く感じられた。源次郎沢への入渓地点でまごつくが、すぐとって返して入渓する。10m大滝では、互いにリードを仕合い、手順などを確認する。沢場は我々二人で独占なのでじっくり練習ができた。
二股を右を入ったところの水の少ない5m滝かな、もう難しい登攀はないだろうと、よく確かめず、ロープなしで登る。
やっぱり、岩登りは慎重でなければいけないと痛感する。なんということのない岸壁だが、途中で行きずまり、新屋さんにシュリンゲを出してもらい、やっと登攀する。なめてはいけない貴重な体験をした。
その後の、登攀は順調に進み、昼過ぎには花立の小屋先に着く。小屋前で沢靴などを履き替え、大倉尾根から天神尾根を下る。大倉尾根の単調さに比べれば、気分も変わり歩きやすかった。
日程:2011年2月4日(金)夜発?2月5日(土)
山域:南アルプス 日向沢左岸大ナメ滝
山行形態:アイスクライミング
メンバー及び役割:古屋(CL)・羽生田(SL/記録)

記録:
22時30分、新松田駅に集合して古屋車にてビバーク地の道の駅はくしゅうへ向かう。 翌朝、さくっと朝食を済ませて車を走らせる。天気は晴れ。サントリー白州工場手前の交差点を右に入り林道の奥へと進む。車止め終点に駐車し、8時前に出発する。林道を歩くこと1時間20分ほどで堰堤につきあたる。日向沢の出合を探しながら右岸を進むが若干わかり難く、行き過ぎてしまい30分ほどロスする。9時20分、仕切りなおして日向沢に入渓する。
左に曲がりだしたあたりから左岸の凍った部分を選んで上る。1時間もすると気がつかないうちに傾斜はきつくなっており、中腰で上る感じでとても疲れる。遠くに見えていた氷柱がだんだんと近づいてくる。喘ぎながら上っていると時折「ブウ?ン?」と音がした。小休止の後は右岸により上がる。またまた「ブウ?ン?」とアブのような羽音をたてながら谷筋を小石が勢いよく通過。落石の頻度が多いと感じる。古屋さんのリードで1ピッチ登る。さらに登るべきか迷うが左岸へトラバースして下ることにした。今度は羽生田のリードでトラバースし、古屋さんが登ってくるのを待つ。
11時半ばアクシデント発生!前かがみになって解除の作業をしているいる古屋さんにふた拳大の落石が直撃、左あご付近を裂傷する。トラバース後、傷の具合を確認しながら応急処置をした後、13時過ぎ、懸垂下降で左岸よりを下る。下で待つ古屋さんの近くを左の沢から繰り返し落石が襲ってくる。2本目の懸垂下降は、うまい具合に斜面に凍りついていた流木に捨て縄を施して下る。この間にも小石大の落石がメットの天辺を直撃してくる。ほうほうのていで落石がこない斜面までひたすら下る。駐車場に戻り16時前には車に乗り込んだ。新松田へ戻り、当日の内に病院で怪我の手当てができてひと安心した。
後で11時台に地震があったことを知る。落石のきっかけは地震によるものか、気温が上がってきたせいかよくは解らない。気候が乾燥しているせいだろうともいわれたが崩壊地のアイスは怖いと学んだ。日向沢へのアプローチは良いので左岸の手前の沢や林道に面した沢に上るのがよいかもしれない。
一瞬の出来事で痛々しい大怪我を負ってしまったが一大事には至らなくて本当によかった。




日程:平成 23年2月27日(日) 
山域: 奥多摩 
山行形態: ハイキング
メンバー及び役割:戸田(CL) 野口(SL) 吉長(記録)
記録:
 8:00 奥多摩駅出発 最初に急な階段があり、きつい。鎖場のコースから頂上へ。
 10:20 鋸山頂上 他の登山者にもあわず、順調に進めました。
 11:30 大岳山頂上 大岳山?御岳山の間は道が雪や凍結している部分があり滑って危険でした。やや登山者も増えてきて、道が凍結していたこともあり少し時間がかかってしまった。
 13:30 御岳山頂上 古里駅まで特に問題なく、ハイキング終了。
 14:30 大塚山頂上
 16:00 古里駅到着 

Copyright 2001-2014 msc-jp. All rights reserved.