Welcome Guest 

山行記録 - 山行記録

谷川主脈縦走

カテゴリ : 
縦走
執筆 : 
iceclimber_msc 2021-9-19 5:20
山行報告書

日程:2021年9月19日(日)
山域:谷川主脈 
山行形態:縦走
メンバー(役割):F(記録)

記録:4:30谷川岳インフォメーションセンター発 6:40 肩の小屋 8:30 万太郎山 10:30 仙ノ倉山 11:10 平標山 12:30 平標登山口

  台風一過の好天が予想されたので、谷川主脈を計画した。その昔、赤谷川本谷、オジカ沢の遡行後に一部の稜線を歩いていたが繋げて歩いたことがなかったので、いつかは行ってみたいと思っていた。装備は先月の船窪縦走と同じく軽量化しほぼトレランスタイル。

  4:30霧雨の中スタート、前日の雨で西黒尾根の岩場はよく濡れていて何度も足を滑らせる。肩の小屋に到着するもガスに包まれていて谷川の山頂はパスし強風の縦走路を進む。オジカ沢の頭に着いたころからようやく天気は回復しその後一気に好天となる。万太郎谷側は紅葉も進み、期待以上に色づいている。縦走路は特に悪い所もなく濡れた岩に多少気を付けるくらいで下りはほぼ小走りで進んだ。万太郎と仙ノ倉の登り返しはなかなかキツかったが荷物が軽いというのはこの年齢になるとやはり大きなアドバンテージだと感ずる。

  万太郎の山頂は誰もいなかったが、仙ノ倉と平標の山頂は登山者で大賑わい。火をつけたタバコの匂いが臭いと言われ、逃げるように松手ルートで下山をした。湯沢までバスで戻り、タイミングよく臨時の特別な列車(谷川ループ号・950円)に乗り土合まで戻った。

吾妻連峰/前川大滝沢

カテゴリ : 
沢登り
執筆 : 
iceclimber_msc 2021-9-4 5:20
山行報告書


日程: 2021 年9月4日夜泊5日(日)
山域:吾妻連峰/前川大滝沢
行形態:自主山行 
メンバー及び役割:CL:S 記録:K 
天候:小雨・曇

行動時間:
4日19:34峠駅集合 23:00滑川温泉手前の駐車スペースにてテント泊 
5日 5:30起床 6:50テンバ発 6:56入渓 8:10大滝滝口 11:30登山道横断地点、潜滝往復 
11:45登山道横断地点 12:07下山開始 14:20テンバ着:駐車スペース着 

概  要:
4日、峠駅構内で21時過ぎにテントを張り就寝。22時頃か、突然保線工事のためと思われる車両10数台であろうか、峠駅舎内に侵入してくる。仕方なくテントを片付け新たなテン場を探すべく滑川温泉方面に移動する。幸い、滑川温泉手前に架かる橋の先の駐車スペースにテントを張ることができた。11時過ぎだろうか就寝する。

 5日、5:30起床、7時前に曇天・霧雨の中、大滝沢へ向かう。橋の袂から沢に降り遡行開始、なんていうことのない沢を40分ほど遡上する。間もなく大滝の全容が現れる。やはり巨大だ。記録写真を撮り、巻きを開始する。難なく100メートルを登攀制覇して滝口に出る。15分ほどかかったであろうか。上からの景色の感想は、高いの一語に尽きる。このあたりから、明るい茶色のなめ岩床が目立つようになる。清流が静かに流れ、とても綺麗である。あいにくの曇天だが、陽を浴びれば一層ひきたち美しい景色だろう。この滑沢と滑沢の間に直登できる滝、巻かなければ遡上できない滝が次々と現れる。飽きのこない沢である。
わたくしが一番苦労したのが、ほどなく終了点に近い大きな釜を持つある岩場である。S氏は右岸のほぼ鉛直の岩肌をへつってクリアーする。が、わたくしは怖くて高巻きを決め込む。最初の草付は急で少し苦労したが、そのあとは順調にすすめて漸くS氏に追いつくことができた。ここで1時間ほど先に出発した8人パーティーに迫った。やはりこの滝の遡上に大分手間取ったようだ。苦労したのだろう。
 それから間もなく、東大巓へ登る登山道横断地点に到達する。先程の先に入渓した8人のパーティーが休憩をとっていた。我々はその場に荷を置き、休まず潜滝に向かう。丹沢の早戸大滝に似た形相の大きな滝であった。一見の価値があると思う。踵を返し登山道横断地点に戻る。
少し休憩を取った後下山とする。登山道と言っても最初の部分は笹に覆われた足元も不明瞭な山道であった。次第に歩きやすい登山道になり、尾根道を歩くようになるころ大滝が望める展望台に着く。ここは大滝へ下る三叉路でもある。何年か前、KADさん達と大滝のアイスクライミングに来たときのことが蘇った。大滝とその奥の1250m峰あたりから流れ落ちる細長い滝を堪能したのち下山路を踏む。ここからは明瞭な登山道で、間もなく前川を渡り駐車スペースに到着する。今日一日中、小雨と曇の天気であった。しかし、翌日、雨が多く降ったことを考えると決行して結果オーライであった。
     

北アルプス 船窪岳〜烏帽子岳

カテゴリ : 
縦走
執筆 : 
iceclimber_msc 2021-8-31 5:53
山行報告書

日程:2021年8月29日(日)
山域:北アルプス 船窪岳〜烏帽子岳
山行形態:縦走
メンバー(役割):F(記録)

記録:

七倉山荘2:30着 1時間だけ仮眠し準備を済ませ4:00出発。早朝のため涼しいことと荷物を軽くしトレラン用ザックにしたので快調に進む。7:20分船窪小屋着。温かいお茶を御馳走になり気分がよくなり、小屋の手ぬぐいを購入してしまう。鐘の音に送られ縦走路のスタート。天候は快晴で北アルプスの展望が素晴らしい。七倉岳山頂に立ち寄りアップダウンの激しい縦走路を進む。

船窪〜不動岳間の崩壊箇所は新しく鉄パイプやロープ等により補修されており特に問題はなかったが、不動岳の登り返しの頃から足がだいぶ終わり体力も消耗。日陰は涼しく風も心地良いので何度も足を止めながら行程を進めた。
最初の貯金を使い果たし、寝不足もあり南沢岳あたりではヘロヘロになるが烏帽子田園に癒される。縦走路から往復30分の烏帽子岳ピークに立ち寄り15時烏帽子小屋着。ブナ立尾根を下山し17時40分高瀬ダム着。

タクシーの時間に間に合い七倉まで戻る。思いがけずタクシーのドライバーの方に沢山のお土産をもらいました。


丹沢/勘七ノ沢〜小草平沢遡行

カテゴリ : 
沢登り
執筆 : 
iceclimber_msc 2021-8-28 16:40
山行報告書

日程:2021年8月28日朝発〜日帰り
山域:丹沢/勘七ノ沢〜小草平沢遡行
山行形態:遡行
メンバー:W

勘七F1から順調に遡行し、F4上からは踏み跡をたどり稜線へ。枝沢から反対側へ下降するとすぐに作業道が見つかり小草平へトラバース気味に下降できた。4M滝は水流を登ってみる。半分辺りでバランスを崩し水にドボン。左足を痛めたようだが再トライで頭からずぶ濡れで登り切る。この滝を越えてすぐの枝沢から稜線へ抜けるつもりだったが二俣まで継続。左俣すぐ先の7M滝に取付くが残り2Mがうまく越えられずクライムダウン。右から小さく巻いた。その先は水平トラバースで登山道を捕まえて下山。

記録:5:30自宅発、7:10県民の森駐車場着、7:30駐車場発、10:00小草平二俣7M滝上から樹林帯へ、10:45二俣着、11:15県民の森駐車場着。

飯豊山

カテゴリ : 
縦走
執筆 : 
iceclimber_msc 2021-8-6 10:20
山行報告書
日程:2021年8月6日(金)〜8月7日(土)
山域:飯豊山
山行形態:登山
メンバー及び役割:F(CL)・O(記録)

もともと電車バスを利用した2泊3日の縦走を計画していたが、熱帯低気圧が台風になる見込みの不穏な天気予報で急遽予定を変更。1泊2日の行程に短縮し飯豊山に向かった。
大日杉登山口には5:30着。晴れ。車4〜5台。この時期の飯豊はアブが多いようで恐れていたが、悪い想像ばかりしていたため、想像ほどではなくサイズも小さく感じた。大日杉小屋は人気(ひとけ)なし。トイレ1基あり。朝から一杯やっていてご機嫌な釣り人グループに見送られて6時過ぎスタート。暑い。アブよりブヨが気になり顔にまつわりついてくるので、最初の1時間程度は防虫ネットを被った。その後標高があがってくると少なくなり、一般的な夏山登山程度(の虫の量)になった。
地蔵岳までは樹林帯の上り。地蔵岳から切合小屋は尾根の左側についた片斜のトラバース道で、歩きづらいのと日差しが暑いのとで捗らない。時折尾根上に見える切合小屋があまりに遠く、気も遠くなりそうだった。途中からダケカンバの木立が現れて癒される。かなり暑いので熱中症にならないように休憩を多めに取りながら進んだ。
切合小屋で大休止し水を補給した。主稜線に乗って景色が良くなったのと、気温が多少下がったので楽になる。草履塚までと本山小屋まで、2つの登りをこなすと12時半頃テン場に到着する。テン場には先着した人のツェルトが1張という状態。空いていた。最終的には6〜7張位になった。テン場は小屋までやや距離があるが、水場が近く量も十分だった。
テントを張ってから、山頂へ。ガスは出ておらず天気がとても良くて、景色は抜群だった。本山小屋に戻ってビールを購入。350ml缶が1000円という今までで一番高価な缶ビールだったが、小屋番さんが命がけ?で雪渓まで行って取ってきてくれているという氷で良く冷えており、大変美味しかった。小屋番さんの話によると、ヘリ会社が減っていること、近隣の都市ではなく東京から運んできているため輸送費が大変高騰している(本当はもっと値上げしたい位)とのことだった。
15時頃、テントに戻る。暫くは日差しが暑くテントに入れない位だったが、18時頃からガスが出て風が強くなってきた。雨には降られなかったが、夜の間はかなり風が強くなった。風は尾根の西側(小屋からテン場を眺めた場合右側)から流れるようで、今回はFさんの判断で東側に張って正解だった。

翌朝は4時起床。晴れ。風は止んでいた。山頂まで行ってご来光を眺める。この時期は太陽が蔵王山の辺りから登る。蔵王山は車でほぼ山頂まで行けてしまうが、遠くから眺めると、大きくて存在感がある。他にも、朝日連峰、鳥海山、月山、磐梯山、西吾妻、安達太良山などが山座同定できた。
テントを撤収して下山開始は6:30頃。10:30地蔵岳、12:30大日杉登山口。最後の30分は防虫ネットを被り下山。ブヨを山から連れて降りてきてしまったのか、往路よりもアブとブヨが周囲にいて駐車場に到着しても防虫ネットが脱げない。荷解きをせずにすぐに車に乗り込んで、慌ただしく余韻なく登山口を離れた。用心のおかげか、虫刺されは計3か所で済み、刺されやすい自分としてはかなり少なく済んだ。
その後は飯豊の湯でお風呂に入り、喜多方で喜多方ラーメンの遅い昼食をとって帰路についた。2日間とも好天で夕立もなく、大変天気に恵まれた山行となった。

【その他報告】
下山メールでイイデリンドウだと思って添付した写真は、ミヤマリンドウだったので訂正します。ミヤマリンドウは副片(メインの花びらの間にある小さい花びら)が寝ているのに対し、イイデリンドウは副片が立っているのが判別のポイントとのこと。植物の世界は奥が深い。Aさんありがとうございました。

20210806_1飯豊山頂(右)と大日岳(左)


20210807_2山頂から大日岳


20210807_3ミヤマリンドウ
Copyright 2001-2014 msc-jp. All rights reserved.