Welcome Guest 
山行記録 カレンダー
« « 2022 1月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
月別アーカイブ

山行記録 - 山行記録

岩手山、三ツ石山

カテゴリ : 
雪山
執筆 : 
iceclimber_msc 2021-11-22 6:50
山行報告書
日程:2021年11月21-22日
山域:岩手山、三ツ石山
山行形態:雪山山行 
メンバー及び役割:H

時間:
1日目 岩手山:馬返し登山口6:30-旧道柳沢コース四合目8:10-鉾立-八合目避難小屋9:30-薬師岳10:40-お鉢巡り-八合目11:20-鉾立-馬返し登山口15:00
2日目 三ツ石山:松川温泉9:00-三ツ石湿原-山荘11:00-三ツ石山11:50-松川温泉15:00

記録:
1日目 5合目から岩場が雪に覆われる。6合目は雪に抑えられた木の枝が道をふさぐ。合間を縫って進むと鉾立から視界が開ける。気温低く、八合目は雪が硬く、踏み抜きがない。9合目から急坂を登り、お鉢をめぐって山頂へ。その後は往路下山。鉾立から気温上がり、雪が緩み、とても滑りやすいので注意した。とても登り応えのある山でした。

2日目 松川温泉から三ツ石山へ。雪が少なく、湿原の木道はむき出しで滑りやすい。山荘から雪が積もり、山頂から岩手山が一望できた。

富士山/吉田口

カテゴリ : 
雪山
執筆 : 
iceclimber_msc 2021-11-20 6:40
山行報告書

日程:2021年11月20日朝発〜日帰り
山域:富士山/吉田口
山行形態:雪山
メンバー:W

晴れ。11月の定例山行が中止となり予定が空いたので富士山に。馬返しに他1台だけ。誰もいなく、風もなく、静かな富士を一人じっくりと歩く。佐藤小屋でアイゼンをつける。6合から硬い雪。無風で穏やかだが雪面はそれなりに緊張を迫られた。午後からはガス。予定通りに下山後はイエティのナイターでゲレンデスキー。お客は皆熱心に練習していてよい刺激になった。

記録:8:00馬返し発、9:40佐藤小屋着、12:10東洋館着、14:50三合着、15:30馬返し着
山行報告書

日程:2021年11月6日(土)
山域:南アルプス 深南部 前黒法師岳
山行形態:
メンバー(役割):F(記録)

記録:

計画ではバラ谷の頭でテン泊の予定であったが、2時間半も寝過ごしてしまい5時過ぎに自宅を出発。とりあえず8時前には寸又峡駐車場から歩き始めたが、予想に反し天候も良くなくモチベーションは下がる。前黒法師山頂を後にし、ヘリポート跡地への下り始める頃から小雨が降り始めた。見上げる黒法師岳、バラ谷の頭は完全にガスで覆われここで気持ちは途切れた。
  時折雨足が強まる中、木の根、落ち葉に足を何度も取られながら下山。紅葉最盛期の寸又峡の遊歩道は多くの観光客で賑わっていた。

仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳

カテゴリ : 
その他の山行
執筆 : 
iceclimber_msc 2021-10-24 7:50
山行報告書
日程:2021年10月23-24日
山域:仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳
山行形態:山行 
メンバー及び役割:H

時間:
1日目北沢峠14:00-長衛小屋テント場(泊)15:30
2日目北沢峠6:00-双児山8:00-駒津峰9:00-甲斐駒ケ岳10:40-仙水小屋14:00-長衛小屋15:00
3日目二合目6:00-小仙丈ヶ岳8:30-仙丈ヶ岳10:00-小仙丈ヶ岳10:50-二合目-長衛小屋12:10-北沢峠13:00

記録:

1日目夜に小雨から冷え込み、雪に変わる。

2日目朝、テントファスナーが凍結して開かない。真っ白な雪景色の中、双子山へ。本峰へのルートがよく見える。駒津峰で引き返す人もいる。山頂まで迂回の巻き道を使用。先行者が5名程。砂礫の上に雪が積もるが地面は硬い。摩利支天との分岐を得て、山頂に着くころには風が弱まり、視界も晴れる。
下り始めると20名程続々人が登ってくる。道は慣らされ、歩きやすい。駒津峰からの下山路は雪が溶け、仙水小屋から沢沿いの道は荒れ気味。ロープが有難い。

3日目は仙丈ヶ岳。三合目の樹林帯の日陰で凍結してつるつる。小仙丈ヶ岳からなだらかな稜線を経て、山頂へ。山頂は人が沢山。下山は樹林帯の凍結箇所を慎重に下り、テントを回収して、バス停へダッシュ。雪景色の甲斐駒ケ岳に行けて良かったです。


守門岳

カテゴリ : 
ハイキング
執筆 : 
iceclimber_msc 2021-10-16 10:40
山行報告書

日程:2021年10月16日(土)
山域:守門岳
山行形態:ハイキング
メンバー及び役割:CL/T、SL/W、K、H、記録/S

記録:

 前夜発で16日朝7:00前に全員が道の駅いりひろせに集合。なんとSさん@魚沼が見送りに来てくれ、栄養ドリンクの差し入れまでいただく。一気に飲みほし気合を入れ、クルマ4台で出発。下山口の二口に2台デポして保久礼小屋に向かう。

 保久礼小屋からの登りは所々赤土で滑りやすいが、登りやすい。やがて傾斜が緩くなると大岳に到着。ガスで見晴らしはよくない。小休止後、守門岳に向かう。いったんくだり時々見える山並みの紅葉を楽しみながら、二口分岐を過ぎ、登り返すと守門岳頂上。

 頂上でも相変わらずガスで景色は今一つだが、下山途中に雲が切れて天気がよくなり、稜線上では遠くまで見通せた。この山域は紅葉というよりは黄葉のようだ。下山も悪い箇所はまったくなく、途中見える滝を楽しみ、少々暑いなか二口駐車場に到着。

道の駅で買い物後、神湯温泉で入浴。T、K、SはS邸にて歓待をいただく。Sさんごちそうさまでした。

 7:43保久礼小屋 9:10大岳山頂 10:00二口分岐 10:30-11:00守門岳山頂 11:30二口分岐 13:43二口駐車場



Copyright 2001-2014 msc-jp. All rights reserved.