Welcome Guest 

山行記録 - 山行記録

蓼科山

カテゴリ : 
雪山
執筆 : 
iceclimber_msc 2021-1-14 14:34
山行報告書
日程:2021年1月9日
山域:蓼科山
山行形態:定例・雪山縦走 
メンバー及び役割:A(CL)、W(SL)、H(記録)

時間:女神茶屋登山口駐車場7:00→7:30出発→竜源橋7:50→天祥寺原9:30→将軍平12:30→蓼科山山頂13:30→女神茶屋登山口15:00

記録:
 天候は曇り。寒気のため駐車場の気温は-15℃。駐車場から車道を歩き、竜源橋の左岸から入る。緩やかな登りを経て天祥寺原の分岐に着く。蓼科山方向にトレースなく、ワカンを履く。先頭はスノーシューのAさんが務める。樹林帯に入るとトレース見えるが雪深い。斜度増し、Hスピード上がらず、先頭はWさんが務める。将軍平まで夏道80分の道が、雪で2時間要す。将軍平でアイゼンに履替える。

 山頂まで途中ラッセル練習のため、先頭を順次交代。大きな石が雪に隠れ、歩きづらい。ルート取りが難しい。山頂に着くと祠もよく見える。ヒュッテまで折返し、夏道経由で岩稜帯をカリカリ下り、樹林帯の幸徳平(標高2095m)からアイゼンを外す。駐車場までつぼ足練習。わかん、アイゼンでのラッセル、岩稜帯、つぼ足歩行など、盛り沢山の山行となりました。特に将軍平の方は、北八ヶ岳とは思えないモフモフ雪でとても面白かったです。丁寧に歩くようにします。ご指導ありがとうございました。

中ア/空木岳(八合敗退)

カテゴリ : 
雪山
執筆 : 
iceclimber_msc 2021-1-3 6:00
山行報告書

日程:2020年12月29日夜発〜2泊3日
山域:中ア/空木岳(八合敗退)
山行形態:雪山
メンバー:W(単独)

30日未明から降雨。出発を遅らせて、もみじ荘から雪の林道を傘にて進む。すぐに越百からの下山者2名とすれ違う。(以後、人とは全く合わず。)雨と緩んだ気温のせいで一歩毎にくるぶしまで沈む道のり約9キロを3時間で進む。東川の橋は無く、渡渉点を探すのに手間取る。膝のラッセルとなる急な尾根に上がる頃吹雪となる。濡れた体に冷たい雪が樹林帯でも厳しい。昨年と同様にここでペースダウン。時間切れで仙人の泉に幕。昨年は埋まっていたが、今回は水が得られた。

翌31日、昨年から3度目の場所でもルート取りがやや難しい樹林の尾根を夜間歩行で進む。膝から腿のラッセルが続くなか御大自作のクロモジワカンが大破。その後はアイゼンで進むが気温が非常に低く体が思うように動いていない。北側のトラバースでは腰のラッセルが続いたものの昨年の幕営地まではボッカで頑張った。予備日を使えばなんとか縦走できると幻想を抱いていた時間でもあった。休憩の度に強い眠気を自覚するようになり、その先は空身で進むも木曽殿越へのトラバース開始地点までもいけず、諦めてまた仙人の泉で幕を張る。夕方から降雪、その後1日中シンシンと降り続いた。翌朝に気づいたが、湿度が高いからなのか天幕の形が悪いのか雪が落ちずに積もり冷蔵庫と化していたので、夜はとても寒かった。

明けて1日、自分でつけたトレースも全く消えており暗闇のルーファイを続けた後に、渡渉点につくと今度は一時的でも腰上のラッセルとなり少々驚いた。9キロの林道でも脛のラッセル。人が少ないルートを選ぶとやっぱりアルプスの偉大さとトレーニング不足(今季幕営の冬山は今回がお初でした)を改めて知ることに。以上、人様に報告するような山行報告では無くて恐縮しつつも、懲りずに次はどう臨んでみるか思案中。


携行装備:折畳傘、木製ワカン(大破)、MRS大ボトル(2/3消費)、他。
記録:12/30 1:30 道の駅木曽福島着 9:10 もみじ荘発 16:15 仙人の泉着(2020m) 12/31 2:30起床 5:00発 10:00 2400m付近 13:00 仙人の泉 1/1 2:45起床 5:10発 11:05 もみじ荘着

安達太良山

カテゴリ : 
雪山
執筆 : 
iceclimber_msc 2020-12-30 14:30
山行報告書
日程:2020年12月30日
山域:安達太良山
山行形態:雪山山行 
メンバー及び役割:H

時間:あだたら高原スキー場8:30→馬車道→勢至平分岐10:20→くろがね小屋10:50→峰の辻11:40→山頂12:20→峰の辻→くろがね小屋13:10→勢至平→旧道→あだたら高原スキー場15:00

記録:
 天候は雨/雪/曇り。勢至平手前の樹林帯まで小雨。じきに青空が出て、雪が止む。太平洋側は明るい。勢至平から気温が低下。くろがね小屋から上は、雪が深くなり膝上、軟らかく踏みぬきが増える。ルート上の竹は30-50m置きに刺さる。峰の辻は稜線からの風強く、トレースが消える。風とガスが出てきたが、稜線の岩肌は見える。前方から人が来て、ロープウェイで上がってきたが、山頂は厳しく、小屋に泊って明日出直すとのこと。小屋までのルート情報を渡し、稜線の左側の道標まで一旦上がり、北に300m向かい山頂に到着。そのまま同ルートを下り、小屋が近づくと天候が回復してくる。旧道はさらにショートカット道が出来て、スキー場まであっという間に到着。90分離れた那須の茶臼と違い、雪多く驚きました。

茶臼岳 朝日岳

カテゴリ : 
雪山
執筆 : 
iceclimber_msc 2020-12-29 14:30
山行報告書

日程:2020年12月29日
山域:茶臼岳 朝日岳
山行形態:雪山山行 
メンバー及び役割:H

時間:駐車場9:00→峰の茶屋跡11:00→朝日岳12:30→峰の茶屋→茶臼岳14:00→峰の茶屋→駐車場15:30

記録:天候は曇り/晴れ。見通し良し。朝日岳下のトラバースは鎖が出て、トレースがしっかり付いて歩きやすい。朝日岳からの剣ヶ峰ルートは稜線を選択。風は弱く、地元の方は「那須のこの時期に、こんなに風がないなんて珍しい。この日に来て良かった」と。その通りだと思いました。終日、茶臼岳の優美な姿を見ることができました。ありがとうございました。

南アルプス 仙丈ケ岳

カテゴリ : 
雪山
執筆 : 
iceclimber_msc 2020-12-23 6:20
山行報告書

日程:2020年12月23日(水)〜24日(木)
山域:南アルプス 仙丈ケ岳 
山行形態:雪山
メンバー(役割):F(記録)

記録:地味で長い地蔵尾根からの仙丈ケ岳ピストン、体力不足か年齢からかわからないが、重荷が堪え予定していた仙丈小屋手前で力尽き幕。
思考が停止していたせいか風の通り道にテントを張ってしまったため一晩中テントの中で身体が浮く強風のためほとんど眠れず。

更にナルゲンの水まで凍りつく寒さ。山に行っていないせいでいろいろ鈍っていることを痛感した。24日、テントを撤収し荷物をデポし空身で山頂へ。テンバそから40分くらいで着。強風だが、冬山の稜線はこれくらいが当たり前なのかもしれない。冬の仙丈は、何年か前に一人で北沢峠から山頂を目指したが強風で小仙丈までで敗退していたのでとりあえず今回登れてリベンジ出来ました。地蔵尾根はほとんど樹林帯で長く辛いので2度目はないでしょう。

Copyright 2001-2014 msc-jp. All rights reserved.