Welcome Guest 

山行記録 - 山行記録

茶臼岳

カテゴリ : 
雪山
執筆 : 
iceclimber_msc 2021-3-20 13:50
山行報告書
日程:2021年3月20日
山域:茶臼岳
山行形態:雪山山行 
メンバー及び役割:H平、S、K
時間:ロープウェイ山麓駅駐車場7:30- 一軒茶屋跡8:30-山頂9:40-一軒茶屋跡10:30-駐車場11:20

記録:
ロープウェイ 開通で途中青空も覗く。鳥居の1/3が雪で埋まる程度。朝は雪が硬く滑りやすい。峰の茶屋前から冷たい風が吹き抜ける。避難小屋は冬季口から入れる。ロープの柵沿いに進み、大岩付近で途中ふみあとが薄くなる。右上方に上がるか迷う。一旦少し直進したが尾根から外れて始めたので、一段30mほど上がってトレースに復帰。右ルートから、お鉢巡りし山頂に辿り着く。そのまま茶屋跡まで下る。気温上昇し、朝より融雪が進む。朝日岳はカット。そのまま下山。霧雨が降り始めるが、駅でアルパカ駅長さんが暖かくお出迎え。帰りはサンバレー温泉で湯めぐり。程よい山行となりました。


一ノ倉沢出合/雪上訓練 

カテゴリ : 
訓練
執筆 : 
iceclimber_msc 2021-3-13 13:10
日程:2021年3月13日(土)
山域:谷川岳
山行形態:3月訓練山行 雪上訓練 

メンバー及び役割:S(CL)、T、K、W、U、O、H

時間:土合駅9:00→ロープウェイ駅9:35→10:15一ノ倉沢出合10:35-11:45/12:15追悼-12:30/14:30訓練-ロープウェイ駅15:50

記録:
天候は小雨。降雨は累積15mm。土合駅は登山者は駐車禁止、レッカー移動。駅の宿泊禁止の記載あり。ロープウェイ駐車場まで移動。施設から車道を上がり、道なりに進む。途中何か所か雪崩の跡。要所は慎重に1名づつ通過し、出合の小屋に到着。軽装備で一ノ倉の慰霊場所まで向かう。雪は少なく、硬め。トレース外して各々進む。目的の場所で祭壇作り、お線香、神酒等をお供えして、黙とう。その後、戻って雪上訓練。内容は、確保と肩絡み。確保は12月の復習。肩絡みはソリ使ってスピード出す。確保するとき、自身のセルフ忘れて引っ張られ、Kさんを確保しそびれる。緩斜面で停止したので、ケガなくて良かったです。セルフはとても重要だと実感。ご指導ありがとうございました。



安達太良山

カテゴリ : 
雪山
執筆 : 
iceclimber_msc 2021-3-7 13:40
山行報告書
日程:2021年3月7日
山域:安達太良山
山行形態:雪山山行 
メンバー及び役割:H

時間:あだたら高原スキー場8:00→五葉松平9:10→薬師岳9:20→山頂10:40→鉄山11:10→山頂11:40→薬師岳13:20→五葉松平→あだたら高原スキー場14:10

記録:
天候は晴れ。駐車場の気温-5℃。スキー場脇を通り、五葉松平から薬師岳を経由する。気温が低く、木々の霧氷が点在。山頂基部を登り上がり山頂に到着。山頂直下は雪がしっかりしまっており、基部をトラバースし、稜線沿いに鉄山に向かう。途中硫黄臭も漂い、地熱の影響か地面が露出している。鉄山ではこれまでのルートが一望できる。そのまま贅沢に太平洋や街並みを見ながら往路下山する。


那須三本槍

カテゴリ : 
雪山
執筆 : 
iceclimber_msc 2021-3-6 13:40
山行報告書
日程:2021年3月6日
山域:那須三本槍
山行形態:雪山山行 
メンバー及び役割:H(CL)、W

時間:北温泉駐車場7:50→スキー場分岐9:40→中の大倉尾根経由→スダレ山11:10→北温泉分岐11:30→三本槍12:00→スキー場13:30→北温泉駐車場14:20

記録:
天候は曇り/小雨。強風。駐車場は除雪されている。駐車場から北温泉の下り路は日陰で雪道凍結あり。北温泉旅館の手前を曲がり、橋を渡り対岸へ。急登から夏道をトラバースし、スキー場分岐まで出る。尾根を上がると踏み抜きが始まり、わかん装着。スダレ山手前で風が一段と強くなり気温も下がる。地面の雪が吹き飛び、ここが一番の強風ポイント。早めにアイゼンに履替える。北温泉分岐では平らな場所で冷たい風がなくなり、気温が暖かい。ガスの中、方位に気を付けて山頂へ。そのままスキー場分岐まで戻り、夏道トラバースは融雪の恐れがあるため避けて、展望台から尾根沿いに積雪期ルートを下る。そのまま北温泉に下山し、帰りは鄙びた風情が残る北温泉旅館に立ち寄る。この日、稜線の強風の音が鳴り響き、小雨も降り、すれ違ったのは2パーティーだけだった。同行してくれたWさん。耐風耐寒の練習と地形読みのご指導ありがとうございました。



八ヶ岳/湯川

カテゴリ : 
アイスクライミング
執筆 : 
hnyqzi11664 2021-2-13 22:40
日程:2021年02月13日(土)
山域:八ヶ岳/湯川
山行形態:アイスクライミング
メンバー(役割):W(CL)、T(SL)、H(装備)、H(記録)

記録:
何年ぶりの湯川だろう。八王子滝山に集合し、南きよさとでHさんと合流して林道途中の駐車場に向かう。体慣らしを兼ねて林道を歩き、ミクロトワンソンは取り付かれているので白髪エリア右岸に決める。ガイドさんを連れた山岳会パーティが下流側、上流側にHさんが選んだルートにトップロープを垂らす。ここのところの暖気で白髪の所々に禿げ・抜け毛があるものの、それなりに登れる。気温はどんどん上がり時折、対岸の抜け毛の爆音で緊張感が高まる。スクリューでトップロープのルート取りを変えたり、後半は超ミニサイズの氷柱でバーチカルな気分も試す。気温は高めではあったが日陰側のため十分に楽しめた(灯明の湯は休業、ロックとマシュマロも久ぶり)。
5時20分道の駅「八王子滝山」〜林道駐車場 8時ー8時45分 白髪エリア右岸 15時10分ー15時40分 駐車場
Copyright 2001-2014 msc-jp. All rights reserved.